Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏サーファーだった

2005-11-18-Fri-21:28
昨日まで出張でまた新島に行っていました。
新島といえばサーフィンパラダイス。
世界大会が毎年開かれるぐらいの日本を代表する
サーフィンのメッカです。
新島に渡る船ではこんな時期にもかかわらず、
数人のサーファーに会いました。
新島にはサーファー向けなのでしょうか、安い宿がたくさんあります。
1泊食事つきで7000円、素泊まりで3500円ぐらい。
お金がないサーファーにとってはありがたい。

実は僕も若い頃サーフィンをやっていたのですが、
まあ、とにかく貧乏サーファーでした。
サーフボードやウェットスーツは先輩のお古。
お金がないくせに海には毎日でも入りたい。
だからものすごく節約していました。 海へは仲良しのサーフィン友達と2人で行くことが多かったのですが、
湘南ではなく、いつもわざわざ家から遠い千葉県の九十九里に行っていました。

超オンボロのトヨタコロナで(僕たちは「ボロナ」と呼んでいた)、
自宅がある東京板橋区から千葉の外房まで、
なんと僕らは高速道路を一切使わず一般道で行っていたのです。
もちろん高速料金を浮かせるために。
できるだけ空いている時間を走るため、家を出るのは夜中の3時頃。
明け方に目的地に到着すると車の中でひと眠りです。
朝食は食パンのみ、二人で分けて食べていました。
サーフィンはかなり体力を消耗するので、どんなに貧乏でも朝食だけは欠かせないのです。
真夏になると帰りの車はつらかった。
オンボロのボロナはエアコンが故障しているので、車の中は灼熱地獄。
渋滞にはまってしまうと耐えられません。
だから、僕たちはドアを開けっ放しにして走ったりもしたものです。
窓ではないですよ。ドアです。バカですねえ。
車の脇を通ろうとしたバイクにはかなりひんしゅくを買っていました。

・・・そんな極貧サーファー生活だったけど、毎日楽しかったなあ。
海にさえいれれば、それだけで幸せだったから。
お金がないことなんてちっとも苦ではなかったし、卑屈にもならなかった。
今、思い出してみてもそのころのすべてが楽しい思い出ばかりです。
今の若い人たちはみんなリッチで、もはや苦学生なんて言葉は死語になっているようです。
貧乏が嫌悪の対象であることを通り越して、貧乏ってことについての現実感自体が
すでに存在していないのかもしれないですけど。
自分の経験から言えば、若い頃の貧乏って悪くないですよ。
むしろ、お勧めしたいぐらい。
案外、社会人になってから思い出に浸れるものです。
今では笑って昔話ができるぐらいですから。

といっても僕の場合、若い頃リッチな経験をしたことがないので、
一面的にしか物が言えないのがつらいところですが。


スポンサーサイト

COMMENT



2005-11-19-Sat-10:10
東京と大島間はジェットで2時間ぐらいでしたかね?佐渡(両津)~新潟間が1時間です。佐渡の人は港を駅といいますが、船の航路は確か国道○号線みたいな言い方をしてたかなと、曖昧な記憶を辿っています。
だから港は駅なんだとか。(?)
貧乏サーファーはおもてになったでしょう。
サザン、チューブ、オメガトの時代かな?
こっちもサーファーはいます。
寒いだろうに!!

2005-11-19-Sat-10:16
続編
九十九里は父親の実家なので昔はちょくちょく行きましたし、住んでいたこともあります
大網なのですが、住まいは浜まですぐでした。太平洋は日本海と比べると広い!
明るい!

2005-11-19-Sat-14:57
船の航路も国道として認定されていますよね。

僕も館山の親戚に行ってしばらく滞在したことがありました。
僕が太平洋で泳いだのはその時だけです。

今の時期、日本海は荒れているので
サーファーだらけですね。

2005-11-20-Sun-22:45
ゴン太さん
カーステレオはいつもサザンか達郎でした。
達郎が多かったかな。
九十九里に住んでいたコトがあったなんて驚きです。
確かに日本海って暗いイメージがありますよね。
海の色が濃いというか。
日本海溝のせいでしょうか。

ケイチョさん
日本海にもサーファーはたくさんいるんですね。
そりゃ、いますよね。海なんだから。
ところで、ケイチョさん。
今度は館山ではなく、ハワイの太平洋を泳ぎましょう。

2005-11-20-Sun-23:14
majanさん、サーファーだったんですね。
私は今年の夏、生まれて始めて波乗りを経験しましたが夏の終わりには封印しました(涙)

2005-11-20-Sun-23:21
CHIXIさん
サーファーというほどカッコよくも上手でもなかったのですが・・・
でも、サーフィンは見るのとやるのとでは大違いですよね。
意外に難しいんですよ、これが。

2007-05-04-Fri-12:01
初めまして。
私もBorn in ’60 オヤジです。
私は今でも家庭と仕事の狭間で波乗りを続けています。
そんな経験と思い出を詰め込んで小説など出版などしてしまいました。よろしければ私のブログへもお越し下さい。

2007-05-05-Sat-21:49
>望月さん
初めまして。
オヤジになってもサーファー・・・
いいですねぇ。
やっぱり男ならカッコよく生きたいですもんね。
お互いジジイになるまで頑張りましょう。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。