Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

或る突然の死

2005-10-10-Mon-21:08
先日、ある居酒屋さんの大将が突然亡くなりました。
僕が東京に行った日に具合が悪くなって
救急車で運ばれたとは聞いたのですが、
まさか、そのまま逝ってしまうとは。
心不全。
僕より一つ年上でした。
つい最近会ったばかりだったのに。
あんなに元気だったのに。

すぐに女将さんの顔が思い出されました。
小さくてかわいい女将さんでした。
大将はよく「こんなババア、いつでもくれてやる」
なんて毒づいていたけど、誰がみてもおしどり夫婦でした。

女将さん、きっと死を受け入れられないでいるんだろう。
そして、悔いているんだろう。
夫の健康にもっと気遣ってやればよかったとか、
あのとき、夫の欲しいもの買ってあげればよかったとか・・・

突然の死が周りの人間に残すものは、悲しみや寂しさだけではありません。
もっと大きなものを残します。

僕は社会人になって、二人の先輩を自殺で失いました。
二人とも、まじめで責任感の強い、そして優しい人でした。

あのとき、僕は先輩の様子がおかしいのに気づきながら、
なにもできなかった。
まさか、死ぬとは思わなかった。

でも、死んでしまってから、
どうして、あのとき分かってあげられなかったんだ、
どうして、食い止めることができなかったんだって自分を責めました。

家族であればなおさらだと思います。

突然の死は残酷です。
特に自殺は。

残された者が感じるのは悲しみとか寂しさとかそんなものだけでは
ないと思います。
愛する者の死を阻止できなかった罪の意識なのです。

スポンサーサイト

COMMENT



2005-10-11-Tue-00:24
心不全ですか。まだまだお若いのに。
お悔やみ申し上げます。
私も近しい人を自殺でなくしました。
まだまだ若かったので墓前や仏壇の前で
手を合わせても、未だに納得いかないものがあります。

2005-10-11-Tue-08:11
僕たちアスリートは特に
体のちょっとした異変に
敏感でなくてはいけません。

知り合いのランナーは
走っている途中になくなりました。
体調が悪い時に無理に走ったのでした。

体と相談して
動かない勇気を持つことも必要ですね。

2005-10-11-Tue-21:43
私の先輩同級生後輩がこの数年で
4人亡くなりました。
うつ病です。何年も苦しんでから
自殺しました。
やりきれません。
小生も「うつ」は人並み以上に
もってます。
職種も関係しています。

精神的に参っている人には
お節介が過ぎても、嫌な顔をされても、
どう言われても
病院へ行け、一人が嫌だったら俺と一緒に
行こうといいます。
首に縄を付けてでも連れて行きます。
そこまでしないと自殺は防げません。
もう後悔はしたくありませんので。

2005-10-16-Sun-17:37
CHIXIさん
そう、自殺ほど納得のいかない死ってないですよね。
途中で分断されるというか。
どうして、って気持ちがいつまでも残ります。

ケイチョさん
僕も身体には気をつけてます。
去年は負荷心電図というのを初めてとりました。
結構、マラソンやトライアスロンって死と隣り合わせなところありますよね。

ゴン太さん
自殺の原因の9割はうつだといいます。
要するに死ぬ前に精神科を受診していたら
助かったかもしれない人がかなりいるそうです。
うつは心の風邪といいますが、命に関わる病気でもあるので、
軽々しくはできませんよね。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。