Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お鉢めぐり

2008-03-16-Sun-22:27
今日は思い出づくりの日。

大島公園に行って、椿と桜の花見をして、
それから三原山でお鉢めぐりをしてきました。

三原山お鉢めぐりをせずして、大島を語るべからず!
と、思わず熱くなってしまうほど、行ってみる価値大ありです。

といっても家族全員で行くのは今日が始めてなんですけどね(笑)
僕はランニングで行ったことはあるんだけど。

三原山山頂入り口からは延々と歩き、山頂までは約2.2km。
そしてそこからが内輪山一周、上り下りの2.5km。
全行程で約7kmのコースはけっこうキツイ。
子供も一緒だったので、3時間弱もかかってしまいましたが、
大島最後のいい思い出になりました。


DSCN1470.jpg
どうよ。
こんなところ、歩くんだぜぇ。

DSCN1467.jpg
てっぺんが見える。
まさに、大島で最も標高の高い場所だ。
あそこを超えます。

DSCN1468.jpg
噴火口だぁーーー!
すっごい迫力でした。
思わず、吸い込まれそうになってしまいます。

DSCN1474.jpg
裏砂漠です。
荒涼としています。

DSCN1473.jpg
こういう景色はなかなか見られませんよ。
でも、今日はものっすごい風でした。
道は様々な大きさの石がごろごろしていて歩きにくい。

DSCN1466.jpg
子供たちはホントよくついてきたよな。
ほとんど泣き言も言わず。
下の子なんかまだ4才ですよ。
ところどころ、走ってました。

実感しました。
子供たちは、おっそろしいほど逞しくなっています。
3年間の成長の集大成ともいえるツアーとなりました。

そして、
東京に帰ってもこの光景は忘れないぞ、と心に刻み込みました。
いや、むしろますます、名残惜しくなってしまいましたよ。
スポンサーサイト

COMMENT



ものより思い出

2008-03-17-Mon-11:37
そろそろですね。
いい思い出が出来たことと思います。

私も14日に離島した写真仲間の彼女が裏砂漠の雪景色を見たいというので、あの雪の積もる中、ひざまでの雪の中をラッセルして展望台まで。
彼女いたく感動して「これで大島での思い出、思い残すことがない」と言ってくれました。

雪の降る日は思い出してまた大島を訪れたいと思ってくれれば幸甚です。

そう人生「ものより思い出」が明日の活力を作るのですね。

2008-03-17-Mon-14:36
子供達、しっかり着いて来たんですね。
えらいな。なんだかジンときました。
こうして思い出をつくりながら大きくなって
いくんですね。
そして成長したある日、突然訪れてみたく
なるのでしょうか。

へー!凄い!!

2008-03-17-Mon-20:36
荒涼さの中にも雄大さが有って何とも言えない
驚きが見て取れます。
こんな景色はなかなか有りません。
貴重な体験でしたね。
お子さんもすくすくお育ちのようで
何よりです。

2008-03-17-Mon-22:35
>やぶ椿さん
大島生活も数えるばかりとなりました。
おっしゃるとおり、思い出とは読んで字のごとく、
思い出すためのもの。
東京に帰っても、なんどもなんども思い出すと思います。
また、きっと遊びに来るつもりです。
おそらく毎年の夏に。

>nonnkoさん
よく最後まで泣き言もなく着いてきたもんだと、
親ながら感心しています。
こどもの成長っていうのはこういうきっかけで
気づくことなんですよね。
大島には毎年遊びに来ますよ。家族で。
子供たちも友達がこっちにたくさんいますから。

>ゴン太さん
なかなか、いい景色でしょ。
大島は三原山が名物といえば名物なんですが、
意外と、ここまで来る観光客は少ないんです。
僕もここまで上ってみて、大島のよさを改めて知った次第です。
ディスカバー大島ですよ。

2008-03-17-Mon-22:51
 父親の転勤で自分も引越しを何度も経験しています。
 特に引越し(転校)前後の記憶は今になっても鮮明です。
 どの友達が見送ってくれただとか、転校先で最初に友達になって
くれたのは誰だとか・・・
 お子さんにとって大島の思い出は宝物となることでしょう。

WAO!

2008-03-18-Tue-20:00
絶景ですね~すごいスケール!
日本じゃないみたいです。

2008-03-18-Tue-22:51
>駅さん
上の息子は、大島に来たばかりの頃はいつも
東京帰りたーい、なんて言っていたのに、
今では大島にずっといたーい、なんて言っています。
僕ら大人に比べて、子供はあっという間に
大勢の友達ができてしまいますから、
しかも生活の中心は友達ですから、
別れるのも余計につらいんですよね。

ところで、土曜日、お店に行きますのでよろしく!(笑)
最後においしい焼き鳥を食べて帰りたいので。

>CHIXIさん
こういう景色はなかなか味わえないですよ。
日本って狭いようで広いんです。
まだまだ、知られていない絶景ポイントが
全国各地にあるってことです。
岡山にも見所はたくさんあるんでしょうね。

2008-03-19-Wed-03:58
 はい!
 土曜日にお待ちしています♪

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。