Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら激坂

2008-02-14-Thu-23:05
先週の日曜日、大島一周道路で落石がありました。
巨大な岩が道路を完全に塞いでしまっているそうです。
そのため、現在この地点は通行止めになっています

場所は、筆島先の坂。

そうです。
このブログにも何度か登場したあの激坂なんです。
この巨岩をどけて道路が復旧するにはしばらくかかるようで、
おそらく開通する頃には、僕はもう大島にはいないでしょう。

残念

・・・もうあの激坂を登ることはないんだ。

後悔

こんなことなら、寒くてもなんでも島一周しておくんだった。
今年に入ってから一度もバイクで島一周していないんです。
もう少し暖かくなったら、と思っていたんだけど。

思えば、あの坂に僕の足はずいぶんと鍛えられしごかれました。
何回登ったことだろう。
真夏の暑い中、セミの声を背中に浴びながら登ったよなぁ。
苦しくてつらくて、涙がちょちょ切れたこともあったけど
あの坂が、僕を佐渡完走まで導いてくれたんです。
思い出がいっぱいの激坂です。
せめて、もう一度でいいから登りたかったな。

さようなら激坂。
ありがとう激坂。


スポンサーサイト

COMMENT



激坂をまたいつの日か

2008-02-15-Fri-19:04
majanさん、刻々お別れの日が・・
私の写真仲間の感性豊かな女性ももうすぐ島を離れます。

何かせつないですけど、またいつの日かお会いできるのを楽しみにしてます。(majanさんとは、お互い面と向かってお会いしたことがないですけど)
いつも黙々と都道を走っているmajanさんを見て、それに刺激されている大島アスリート達も結構いると思います。

今日も泉津から波浮まで仕事で山越えしたのですが、途中差木地方面へ右折を余儀なくされました。
あの筆島へと下る道好きでした。
昔は野生のサルが岩肌に張り付くように住んでいたりして・・

復旧したら私は車ですけどmajanさんをは大島トライアスロンで来島して練習で疾走してくださいね。

激坂は永遠に不滅と思いますので。

2008-02-16-Sat-09:37
>やぶ椿さん
そういえば、あの地点はサルの縄張りでしたね。
僕も自転車でえっちらおっちら上っているときに
見張り番のサルによくキーキーと威嚇されました(笑)
あれもいい思い出です。

おっしゃるとおり、また大島トライアスロンで来島したい
と思ってます。
そのときには、あの坂を上りたいです。
そう、激坂は永遠に不滅です。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。