Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタクロースはつらいよ

2007-12-20-Thu-22:21
また、今年も迫ってきましたクリスマス。
子供たちはサンタさんがくる日を
指折り数えて待っています。
その裏で親がどれほど苦労しているかも知らずに。

まずは子供たちが欲しがっているものの調査から始まる。
あまり早い時期に調査を開始しても、
クリスマス直前になって気が変わったりするから
モノを買うタイミングを計るのが難しい。
今年のプレゼントは、
長男タイガは昔懐かしい野球盤
次男ヒカルは仮面ライダー電王デネビックバスター
に決定。

さて、この島にはおもちゃ屋が一軒もないので、
必然的にネットに頼ることになるんですが。
クリスマスまでに日数がないので、
ここからの数日間はかなりハラハラします。

とりあえずAmazonでモノを探し、
野球盤は注文できたけど、
ヒカルの欲しがっているデネビックバスターは品切れでした。
ヤバイヤバイと焦りながらネットで探したあげく、
うまいことにヤフオクで目的物をゲット!
オークションだから新品でもかなり安い。

ヤフオクの場合は発送が早いからいいね。
ヒカルのおもちゃは既に到着しています。
が、
野球盤のほうはまだ来ていません。
・・・ちと心配だな。
23日には低気圧が通過するらしい。
海が荒れないうちに届かないと、
船便欠航、そしてモノは届かないということになります。

もしも25日の朝、子供たちが目を覚ました時に
プレゼントが置かれていなかったら・・・
子供は強い精神的ショックを受け、
深い深い心の傷を負うことになるかもしれない・・・
あー、心配だ。

それと、もう一つの問題は荷物の受け取り方です。
プレゼントを宅配便で送ってもらう場合、
子供が家にいるときにプレゼントが届いたときは、いつもなら
あ、これはパパのトライアスロン関係のグッズだ
と言ってごまかすのですが、
さすがに野球盤は平べったくてデカイから、
これが子供の目の前で宅配されたらバレバレだ。
だから、念のため同じ社宅のSさんにお願いして、
Sさん宅を荷物のお届け先にさせてもらいました。

まったく、涙ぐましい努力ですよね。
ここまでしなきゃいけないんでしょうか(笑)

いっそのこと
サンタクロースは実はわたしなのだ!
とカミングアウトしてしまいたい衝動に駆られる。
・・・けど、子供たちがサンタさんを信じている間はそれはできないね。

サンタはつらいよ。
スポンサーサイト

COMMENT



もしものために

2007-12-21-Fri-17:29
届かないことがあることを考えて、お父さん手作りの野球番はいかがですか?(笑) タイガ君は怒るかもしれませんが、その後に本物がちゃんと届けばきっとOK!

この季節は私もハラハラしながら楽しみました。majanさんの努力も子供の笑顔が見れればこそですね。

がんばれ!サンタ!

2007-12-21-Fri-22:39
高校生の息子が10年前のパパサンタの記憶を
明瞭に覚えています。
今しっかりサンタを演じておくと10年経つと
良いことが有るかもよ(笑)

そういえば

2007-12-21-Fri-23:52
娘が一輪車を欲しがり、夜中に
配送してもらい、枕もとにそれを
置きました。明けたときの喜びは
それはもう、(笑)
就学前だったので6才かな?
メルヘンを親子で楽しんで下さい!

2007-12-22-Sat-11:02
>カムイさん
僕はぶきっちょなので、野球盤を自作しようと
したら、クリスマスはとっくに過ぎてしまいます(笑)
ケイチョさんなら、あっという間に作ってしまいそうですが。
でも、とりあえずなにかで間に合わせるというのは
いいアイデアです。

>ゴン太さん
高校生になっても覚えていてくれる
というのは、なんかいいですねえ。
ゴン太さんも一生懸命サンタさんを演じている姿が
目に浮かびますよ。
僕もとりあえず、バレるまでは、いやバレても
演じ続けるつもりです。

>nonnkoさん
夜中に配送してもらったんですか?!
でも、おっしゃるとおり、翌朝の子供の顔を
見ると、苦労した甲斐があったなぁ、としみじみ
思うんですよね。

わかりますよ

2007-12-25-Tue-20:56
小さい時、亡きうちの親父は明治生まれの江戸っ子で「クリスマス?なんで~そりゃ!西洋の神さんなんぞ、そんなの関係~ね~」と今時でした。
それでいて次の日の朝には新聞紙で包んだ7人兄弟だった各枕もとには、欲しがっていた物が置いてありました。

それから数十年、親思う心に勝る親心を子にも孫に対しても実感してきています。

ランの途中のmajanさんにお会いしてるかも。
来年も頑張って下さいね。

2007-12-28-Fri-22:19
>やぶ椿さん
お久しぶりです。
やぶ椿さんお父さまはさすが江戸っ子って感じですね。
口では威勢よく啖呵を切っても、態度には優しさが
にじみ出てしまう。
これこそ粋なカッコよさってやつですよね。
なんだかんだ言っても親は子どもになにかしてやりたいんです。
そのための大義名分さえあれば、西洋かぶれなことだろうが
宗教行事だろうがなんだっていいんですよね。
僕も粋なオヤジを目指してがんばります。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。