Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驕りは禁物

2005-08-27-Sat-21:26
泳いできました。乗ってきました。走ってきましたよ。
くたくたです。
大島でのトライアスロン。
今日は朝から晴天、というより完全に夏空。
めちゃめちゃ暑い。日差しが強い。
一時は台風でどうなることやらと思いましたが。

今日のレースはスプリント。6月のレースの半分の距離。
それに、地元でのレース。
気が楽だ、って思っていましたが、これが落とし穴でしたね。
驕ってました。6月の初ショートでちょっと完走できたくらいで。

今回はスタートからガンガン飛ばそうという作戦にでることにしました。
距離も短いしね。
いい調子で泳げます。うねりは多少ありますが、まあ、まかせといて。
ところが2周目でした。
ルックアップしてブイを見ながらちゃんと泳いでいたはずだったのに、セーバーの人から
「右、右!」
という声が。
僕は完全に違うブイを目指して泳いでいたのでした。
コースをかなり大きく外れてしまい、遅れを取り戻そうとしてさらにスピードを上げて必死にコースに戻る羽目になってしまいました。
スイムが終わり、岸に上がったときには既にヘロヘロ。
6月のレースでは笑顔で手を振りながら上がってきたというのに・・・

トランジットでは、吐き気がするほどまいってしまい身体が動かず、もうリタイアしようかなんて本気で考えたほどです。

この疲れが結局バイク、ランまで後を引いてしまい、最後までヘロヘロのままでした。
大失敗でした。
最後に息子のトラオと手をつないで一緒にゴールテープを切れたのが唯一うれしかったことかな。

今日は自信喪失と自己嫌悪でへこみまくってます。

この大会は今回が第1回目ということだからでしょうか(そう思いたいんですが)、参加人数は少なかったです。
個人の部が40人余り、駅伝の部は16チームで64人。

でも、逆に大会としてはこじんまりとしててアットホームな感じで僕的にはこういうのもアリかななんて思いました。
ただ、このままでは来年以降の存続は危ういですね。
トライアスロンの大会って、毎年新規もあるけど廃止となるレースも多いんですよ。
昨日の記事でも書きましたが、やはり島民の方の応援も少なかったし。
ほとんど皆無に近いぐらいでした。
・・・やっぱり、現実は厳しいです。

ところで話は変わりますが、以前にこのブログで紹介した河原選手も駅伝の部にチームケンズで出場しました。
バイクパートで風のようにサーッと僕を抜いたかと思うとあっという間に先を行き、そのまま小さくなって消えてしまいました。
は、速すぎるぞ。
あれはきっとバイクにジェットエンジンを積んでいるに違いない。

それとバイクショップのオミノさんもメカニックでいらしてたので、いい機会なので僕のバイクをいろいろと調整してもらいました。

今日はデジカメを持っていくのを忘れまして写真がありません。
申し訳ありません。
おまけで表彰式とパーティーの写真をご覧ください。
野外です。海岸沿いにある仲の原園地というところで行われました。


DSCN0505.jpg地元の御神火よさこい部隊のみなさん。
ありがとう!
後ろにまさに御神火、三原山がきれいです。







DSCN0506.jpgきれいな夕日がやさしくパーティーを演出してくれました。
選手たちもこの夕日に大喜び。








DSCN0507.jpg表彰式です。おめでとうございます。
いつか僕も・・・それはムリ。








DSCN0509.jpgシンガーソングライターでトライアスリートの古代真琴さん
レース中からパーティーまでずっと司会をやっていただきました。
お疲れ様でした。
最後に古代さんがトライアスリートたちのために作った歌「TRY YOUR BEST」を歌ってくださいました。
すごくいい歌で感動しました。




DSCN0511.jpg一日中、裏方に徹していた河原選手。
受付ではレースナンバーを腕と足に書いてもらいました。

スポンサーサイト

COMMENT



2005-08-28-Sun-06:26
大変お疲れ様でした。

天候が回復してよかったですね。
TJ誌の6月号でしたか(?)に
大島での2大会うんぬんの記事が出ていました。大会運営はむずかしい!

スイムから飛ばしすぎたのでしょうか?
スプリントレースは心拍数が上がるんでしょうね。想像すると倒れそうになります(笑)

次のレース予定はおありですか?
小生つくばエクスプレス開業とのことなので
日帰り予定ででつくばマラソンエントリーしました。

2005-08-28-Sun-08:56
お疲れ様でした!

スイムのミスコースの件、私もよくやりますのでそんなに気を落とさずに…。両方で息つぎできるのですが、右・左オープンどちらかで泳ぎ続けるとあさっての方向に進んでしまうことが多いです。プールではコースロープや底のラインがあるのでまっすぐ進んでいるつもりになっているのですが…。泳ぎはじめにブイの方向に見やすい建物や山等の目標を見つけて泳ぐことでそれなりに泳げます。

参加者は少なかったようですね。majanさんがおっしゃる通り、募集始めるのが遅かったので来年はもう少し集まるのでは…。

島の方々が応援しやすいコースというのは重要かもしれません。ただ生活の邪魔になっているだけでは、みなさんの協力は得られないですものね。アイランドシリーズとともに選手、関係者、島民のみなさんとみんなが盛り上がれる大会になるといいですね!

2005-08-28-Sun-23:12
ゴン太さん
つくばマラソンは大きな大会ですよね。
僕は東京のやはり大きな大会ですが、荒川マラソンに出るつもりです。
といっても、来年3月なんでまだ先なんですけど。
それにしても、ゴン太さんのところから筑波へはどうやっていくのでしょう。

γさん
僕の場合、実は左側で呼吸できるようになったのが、ごく最近なのです。
だからまだ左呼吸が苦手で、今回のスイムも始めのうちは両側で呼吸していたのですが、やはり途中から右側だけになってしまいました。
これがγさんおっしゃるとおり、ミスの始まり。
両側呼吸はまだまだ僕の課題です。
でも、まずはこれを克服せねば。

2005-08-29-Mon-12:26
お疲れ様でした。完走おめでとうございます、
奮闘記(?)読んでるだけで、ドキドキしてきます。
海で泳ぐって、どうなるか、わかんないですね・・・ドキドキ。
でも、確実に、完走を重ねていられますね。
いいなぁ~。

>ゴン太さん。
新潟からつくば、日帰りで参加可能?
すごい強行軍になりませんか?
私、前泊を考えてましたけれど、
日帰り可能なら、日帰りがいいなぁ(笑)

2005-08-29-Mon-19:37
annさん
完走。といってもスプリントですから、
羨ましがられるほどのもんじゃ全然ないです。
annさんは僕のようなミスのないように
くれぐれも気をつけてください。
ルックアップにこだわらず、やっぱり6月の
レースのときのように平泳ぎで位置確認をすればよかったかなあと今では反省してます。


コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。