Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨイトマケの唄

2007-10-24-Wed-22:27
ヨイトマケの唄というのをご存知でしょうか。

1966年に美輪明宏さん(当時は本名の丸山明宏)が作り自ら歌った曲です。
女手ひとつで自分を育ててくれた母親の姿を息子が回顧する・・・
という珠玉の名曲なのですが、
歌詞の中に差別用語が含まれているということで、長い間封印されていました。

それが数年前、サザンのボーカル桑田圭祐さんがテレビ番組の中でその封印を破り、
ついにこの唄を歌ったのです。
桑田さんのソロアルバム「TOP OF THE POPS」にもこの曲がカバーとして収録されています。
歌詞はこちらです。
なぜこんなことを書いたかというと、
最近うちの長男がこの曲をすっかり気に入ってしまって、
毎日毎日飽きることなく聴いているのです。
本人は桑田さんの曲だと思っているようですが。
とにかく僕の耳からはこのメロディが一日中離れないような状態で(笑)

ある日、車の中で桑田さんのCD「TOP OF THE POPS」を息子と聴いたのがきっかけ、
それ以来、息子はこの歌に完全にはまってしまったのです。
小学1年生ともなると、歌詞の意味もずいぶんとわかるようなんですよね。
ま、ときどき僕が補足説明したりしたんだけど。
息子としては、どうやら自分の母親の姿と重ね合わせて聴いているようです。
カミさんも仕事していますからね。

ふと、子供たちとカミさんの職場に行ったときのことを思い出しました。
そこで働いている母親を見たときの子供たちの反応は意外でした。
てっきり、「ママーっ!」って手を振って呼ぶのだとばかり思っていたのに、
せわしなく動いているカミさんの姿を遠くから、じーっと無言で見ているだけなのです。
そのときの子供たちの目・・・初めて見せる不思議な表情でした。

子供にとって・・・もしかしたら男の子の場合だけなのかもしれないけど、
母親が働く姿というのは、とても印象的で、心を捉えるものがあるんですよね。
それは父親の背中を見るのとは、どこか、なにか違う独特の重みというか。

父親になって最近なんとなく薄々気づき始めてきたのですが、
母親には得体の知れないある種の魔力のようなものがあるんです。
具体的にはそれがなんだかわからないんだけど、
その魔力のせいで、父親はどうしても母親にはかなわない。永遠に。
そんな気がするんです。

なんてこと考えていたら、
本家本元の美輪明宏さんのヨイトマケの唄が聴きたくなって。
そしたら、見つけました。YouTubeで。
直接リンク貼るのは問題ありそうなので、ご自分で探して(検索して)聴いてみてください。
いや、観てみてください。

感動的です。
歌というよりは、一つのお芝居です。
スポンサーサイト

COMMENT



2007-10-25-Thu-08:55
その歌知ってる。何年か前にNHKで本人が歌うのを見た。衝撃的でジンとした。すごい迫力だった。

小学生のころ、塾に通っていた。結構成績もよくて先生からも私立中へ行くことを勧められて、自分もその気になった。それで、パート勤めの母親にそのことを言ったら喜んでくれて、「じゃあ、お母さんもっと働くちゃね」って言った。

俺その一言聞いた時、わけもなく涙があふれてきて、自分の部屋に入って泣いた。有難いような、これ以上働かせることを悪く思うような、自分のためにそこまでしてくれようとする母親の気持ちを感じて。

母親は専業主婦が当たり前で、パートに出てるとちょっと後ろめたかった時代。有難かったな。
親孝行できなかったよ。

2007-10-25-Thu-22:44
>やまぼう
そんなことがあったか。
確かに昔は今のように母親が働くってことは
珍しい時代だったからね。
なんとなく、主婦が働く=貧乏
っていうイメージがあったよね。
うちは、本当に貧乏だったけど(笑)
まあ、そういう意味では今はいい世の中に
なったのかも知れないな。

2007-10-26-Fri-17:10
母親には絶対かないませんね。
母の恩は有っても父親の恩は
さっぱり聞きません。
お子さんくらいのお年だと親の聞く曲は
すぐにコピーしますから要注意(笑)
お尻かじり虫はどうですか?

2007-10-27-Sat-17:36
>ゴン太さん
所詮、父親は働き蜂でしかないのでしょうかねぇ・・・
お尻かじり虫は、我が家ではそれほど流行っていません。
なぜでしょうか。結構おもしろい歌だと思うのですが。
意外と子供より大人にウケる歌なのかもしれません。

2007-10-27-Sat-19:30
美輪さんは数年前に、直に見、講演も聞きました。
(ボランティアしてたので)
すごいオーラを感じましたが、その「ヨイトマケ」の
頃の美輪さんに興味あります。
もちろん歌知ってますよ。家も母はしっかり
働いていました。お陰で料理好きな長女に
なりました。

2007-10-28-Sun-19:02
>nonnkoさん
美輪さんは天草四郎の生まれ変わりだそうです。
それは本当かどうかは別としても(笑)、
オーラはすごいものを持っていそうですよね。
きっと、近くで見たら圧倒されてしまいそうです。
一度逢ってみたい・・・
いや、やっぱり遠慮しときます(笑)

2007-11-17-Sat-12:17
歌詞もさることながら、美輪さんの歌う姿も本当に胸に迫るものがありますね。私は最近テレビで美輪さん自信が歌う姿を見ました。実は子供の頃からどうしてか美輪さんが好きだったのです・・・・。苦労を重ねてプラチナのような精神を持ったんだなぁなんて思って。

最近ふと、私が汗水流して働く姿なんて娘に見せるチャンスないんだなぁ・・・・と思いました。家に家事も全部全自動だし。働くとはこういうこと!って背中でしめせるお母さんなんて素晴らしいと思いました。

2007-11-18-Sun-18:48
>ミッキーさん
僕も美輪さんは好きです。
なんとなくオーラみたいなものを感じます。
だから歌にも迫力があるんですよね。
ミッキーさんの娘さんだって、お母さんが一生懸命
働いているのは十分わかってるんじゃないですか?
料理、洗濯、掃除・・・主婦は忙しいですからね。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。