Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒酔い運転をなくすための提言

2007-09-28-Fri-20:11
19日から道路交通法が改正されました。
これによると酒酔い運転に関しては、
「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」だったのが、
「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」になった。

・・・まだまだ甘くないですか?
だいたい、「以下」ってのはなんだ。
これではいつになっても
酒酔い運転はなくならないでしょう。

脇見運転や居眠り運転っていうのは不可抗力というか
そういうものもある程度は起こり得ることだと思うんですよ。
100%防止するのはおそらく無理だと思う。
でも。
酒酔い運転は決定的にそれらとは違う。
なぜなら、そこには間違いなく意思が存在するから。
だから、酒酔い運転はその気になればゼロにできるはずです。

そこで、提言!

酒を飲んで運転したら、殺人未遂罪とする。

そもそもこれから車を運転することがわかっていながら
酒を飲むなんて行為は重大な悪意に基づくものと考えてもよい
のではないか。
酔って車を運転すれば死亡事故を起こす可能性がかなり高くなる、
それをわかっていてやるのだから、殺人未遂に匹敵する重い罪だと思う。

どうです。
これで、酒酔い運転はゼロになるはずです。

・・・

だめ?
スポンサーサイト

COMMENT



2007-09-28-Fri-22:21
酒酔い運転の厳罰には大賛成ですし、
殺人未遂も妥当です。けど
身近で、
一番心配しないといけないのは、
深酔いしたときの、翌朝のアルコール度数
だと思います。それにより失職した人も
います。
ゆっくり飲めるのは休みの前でしょうか?

2007-09-29-Sat-18:05
>nonnkoさん
そうなんですよ。
よくお気づきで。
確かどこかのバス会社でしたか、
ある運転手がビール1杯とチュウハイ3杯飲んで、
それでも夜11時には切り上げて就寝したのに、
翌朝7時の検査で酒気帯びの反応がでたらしいんですよね。
深酒というほどの量でもないと思いますが、
思ったより酒って残るものなんですよね。
体質にもよるのかもしれませんが、
やっぱり気をつけたほうが良いようです。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。