Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡初挑戦の皆さんへ

2007-08-28-Tue-20:17
佐渡国際トライアスロンまであと5日となりましたね。
出場される方々は今頃どんな心境なのでしょう。
不安?恐れ?自信?

特にAタイプに初挑戦される方、その決断に敬意を表します。
動物は本能的に未知なる物を恐れます。
恐怖感は自分の生命を守るためのとても大切な本能です。
あなたの恐れは本能的なものなのです。
それでも、あえてその本能に逆らい、
未知の世界に飛び込もうとしているのです。
人間は恐怖に打ち勝ち、未踏の地を開拓することで
ここまで繁栄してきたのだぁぁぁ(鼻息フンフン)

・・・って、そない気張らんでも。

と、とにかく何事もあえて挑戦しなければ未来は開かれないし、
自分も変われないということです。

去年僕は佐渡Aに初参戦して、まだレースのことも記憶に新しいので
参考になるかわかりませんが、
自分の感じたことをつらつらと書いてみます。 僕の佐渡への挑戦は初ロング挑戦ということでもあったので、
もちろん完走することを目標には置いていましたが、
実をいうと、笑顔でゴールを駆け抜けよう、というのが大目標でした。
だって、せっかく完走しても、へろへろになって倒れこむような
ゴールはしたくない。
せめてゴールの会場である佐和田小グランドの中だけでも
笑顔でしゃきっと走ろうと決めていました。
そして、目標どおり万事うまくいきました。
ゴールゲートをくぐった後は悲惨でしたが。

レースを経験してみて思ったのですが。
あくまで僕の私見ですけど、
佐渡Aに参加される方々は、
スタートに立った時点で完走はほぼ間違いないと思います。
スタートに立つということはみなさんその日のためにそれなりの
トレーニングを積んできたわけですし、
そういう方々を蹴落とすような無慈悲なレースではないと思います。佐渡は。
だからよほどのアクシデントでもない限り、
完走は約束されていると思ってもらってよいのではないでしょうか。
だからこそ、どうせなら、完走することとは別に他の目標や目的をもつべきです。

タイムや順位の目標を決めるのも良いし、レースを楽しむということでも良いし、
絶対歩かないということでも良いし。
とにかく大切なのは気持ちを切らさないことだと思います。

ま、とはいうものの評判どおりの過酷なレースですから、
思うようにはなかなかいきませんけどね。

僕の場合、目標はランでつぶれないこと、歩かないことだったので、
バイクではかなり体力を温存しました。
通常レースペースの6,7割程度でしょうか。
上り坂などでは前に走る選手たちを抜きたいと思いつつも、
がまんがまんと自分に言い聞かせていました。
バイク終盤、真野地区あたりに入った時などはさらにペースを落としたぐらいです。
でも、そのおかげで佐渡の美しい風景をゆっくり(?)楽しむ余裕はもてました。

そこまでしてもランでは余裕の走りとはいきません。
もしもバイクでもっとがんばっていたら、ランでつぶれていたかもしれない。

ランでは、はじめの10キロぐらいまでは割りと好調でしたが、
それからはもう泣きそうなぐらいつらかった。
初挑戦のみなさん、ここは覚悟しておいてください。
10キロ地点以降は地獄です。
でも、中間地点の21キロ地点までの辛抱だと思ってがんばりましょう。
はじめに言っておきますが、
この10キロ~21キロ間で何度も気持ちが切れそうになります。
でも、ここががんばりどころです。
ここで気持ちが切れてしまうとゴールは本当に遠いものになってしまいます。

まずは中間地点をひたすら目指しましょう。
実際、中間地点を過ぎたらなんとなく気持ちがまた上向きになってきます。
そして中間地点を過ぎたら25キロ地点を目指してがんばりましょう。
25キロ地点を過ぎたら今度は32キロ地点まで気持ちを強く持ってがんばります。
さて、ここまでくれば残りは10キロ。
10キロなんて、普段の練習で軽ーく走っていた距離ですよね。
最後の力を振り絞って一気にゴールまで駆け抜けましょう。

・・・簡単そうに言うな!という声が聞こえてきそうですが、
苦情は受け付けませんので(笑)

佐渡のAタイプを初めて完走したときの感動はただごとではないです。
レースがきつい分、ゴール後の感動はメガトン級です。
絶対にがんばって損はありません。

参考になるかわかりませんが、いや、たぶんならないと思うけど、
大長編スペクタル傑作の僕のレース体験記(笑)でも読んでみてください。

〔佐渡初完走体験記〕
宿泊編
決戦前日編
スイム編
バイク編
ラン・ゴール編

1度完走したぐらいで偉そうに先輩づらしてしまいましたが、
こんなことを思い出しながら書いているうちに、
今回出場しなかったことをほんの少しだけ後悔しています(笑)
来年は絶対出るぞ。

とにかく皆さん、がんばって悔いの残らないレースにしてください。
スポンサーサイト

COMMENT



ありがと~!

2007-08-28-Tue-20:23
majanさんのお気遣い、優しさ、
しかと受け止めました。
ありがとう。

・・・諦めないぞ!

同感

2007-08-28-Tue-22:16
まさにその通り!「児玉清っぽく」

色んな人に向けてお書きのことと
思いますが参考になりますね。

優しいmajanさん!

2007-08-28-Tue-22:16
majanさんの完走記読んで
宮古、皆生思い出しました。
佐渡は距離からしてそれ以上過酷です。
いつかは・・というよりそれなら
近じか・・・・参戦したい・・。

2007-08-28-Tue-22:27
>annさん
はて、なんのことやら(笑)
ま、annさんは去年の僕よりはるかに練習積んでいますから、
全然僕は心配しておりません(笑)
自信をもって望んで結構だと思います。

>ゴン太さん
ゴン太さん、今年は期待していますよ。
きっとやってくれると思っています。
でも、無理してまた落車などしないように。
傷口、まだ傷むんでしょ?

>nonnkoさん
佐渡は過酷といっても皆生を経験していれば
おそらく大丈夫なんじゃないでしょうか。
来年あたりどうです?マジで。
僕も行きますから。

2007-08-28-Tue-22:45
ご無沙汰です。さむです。
大島の後、長い練習が出来てなくて。。。
でも、この暑さの中、周りの心配をよそに、昼休みRUNでもがいております!。

まあ、Bだから何とかなるかな。(Aは1度、Bは5度も出てるのです。)
昔はS2.5km、B同じ、R28kmなんて過酷なタイプがありました。結構気合入れて練習してたのですが。

Aに出る方は、今年の暑さはきつかったことでしょう。長い練習する気にならないですよね。

今年は復活年。コースの様子を見つつ、来年の足がかりにしたいと思います。

レースの報告はまた。


ありがとう

2007-08-29-Wed-10:35
非常に勇気をいただきました。
ありがとうございます。

ちょっと、爆弾の腰痛が出てますが、
泣き言を言っても始まらないので
精一杯がんばります。

アターックチャンス!

2007-08-29-Wed-22:18
>さむさん
お久しぶりです。
さむさんもいよいよですね。
でも、Bタイプは物足りないんじゃないですか(笑)
まあ、今年は復活の年ですから、
来年が楽しみですね。
来年はもちろんAタイプですね。
今度こそお会いしましょう。

>ケイチョさん
百戦錬磨のケイチョさんですから、
僕のことは参考にならないでしょう(笑)
残り数日ありますから、腰は大丈夫ですよ。
当日はベストパフォーマンスでいけるよう
お祈りしています。
がんばってください。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。