Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目からウロコ

2007-06-29-Fri-22:41
みなさん、ポジション出し、してますか。
もちろんバイクのね。

バイクのポジション出しってとっても大事なことなんだろう
ということはわかってはいたのですが、
(いや、わかっていなかったかも)、
何をどうやったらいいのかがわからなくて、
トライアスロンを始めたときにバイクを買って以来もう2年以上も
そのままでいました。

最初のセッティングはバイクショップのオミノさんにやってもらったので
問題はなかったとはおもいますが、もう2年以上も経っていますからね。
僕だってあのころに比べれば少しは実力ついただろうし。 というわけで、この4月に初めてサドルを5ミリほど前に出したのです。

素人なりに。

意を決して。

そしたら。

いやあ、全然違いますね。
たった5ミリなのに。
ペダルが回る、力の乗り具合が違う、実際にスピードも出ます。
なんだ。もっと早くやればよかった。

そこで6月に入り、伊豆大島トライアスロンの直前に、
もうちょっと出してみようかな
と思い立って、さらに5ミリほどサドルを出しました。

するとすると。
前回よりかなり具合が良い。
数段良くなった。
スピードが違う。全然違う。
ペダルが軽ーくスムーズに回るのだ。
一枚分重いギアを今までと同じパワーで走れる。

しかも足への負担が少ない。
レースのときも、バイクからランパートに移った直後も
まったく足には影響がなかった。
走り出しスムーズでした。
・・・これはポジション出しとは別の理由?

いつも僕が走るコース、元町~筆島の36キロコースでは、
今までアベレージが24.5km/h前後を超えたことはありませんでした。
これが、なんと最近は25.5km/hで走れてしまうのだ。
これほどまで顕著な違いが出るとは。
バイクトレーニングを特別に一生懸命やったというわけではないのに。

サドルの前後移動はとりあえずこれでいいとして、
今度は高さを変えてやる必要があるようです。
乗っていて、なんとなくサドルが低く感じるのです。
明日は少しだけ上げてから乗ってみようかなと思っています。
またまたスピード上がっちゃうのでしょうか(笑)

まあ、いずれにしてもこれからは試行錯誤で常にベストポジションを
探していかないとね。
スポンサーサイト

COMMENT



2007-07-02-Mon-08:51
majanさんもバイクに乗れるようになって、ポジションが合わなくても、合わせて乗っているのではないでしょうか(笑)。
「バイク乗りはバイクに合わせて乗る」ということを本で読んだことがあります。ポジション出しのちょっとした変化が、劇的な居心地の良さをもたらしたり、うんざりする気持ち悪さにつながるような気がします(笑)。

今のケストレル号のポジションはまさに「うんざりするような気持ち悪さ」に仕上がってます。トホホ・・・。

2007-07-02-Mon-08:53
(続く)
少しずつのポジション出しが劇的な居心地の良さにつながっているようで、うらやましい限りです(笑)
サドルの前後出しは、サドルの高低と連動しているようです。あっちを出し、こっちを出しのいたちごっこになるような気もしますが、がんばって下さい(笑)

エッ!

2007-07-02-Mon-22:37
そんなに違うんですか?
サドルの高さは気になるので
年に何回かは意識して変えて
ましたが、前後位置はありませんでした。
それほど重要だったのですね。

majanさん、ますます強くなる?

2007-07-03-Tue-21:54
>カムイさん
僕の場合、バイクに合わせているというよりは
まだ、何もよくわかっていないということだと思います(笑)
でも、たしかにポジション出しは難しそうで、
あれこれやっているうちに、ドツボにはまって
なんだかわからなくなってしまいそうで怖いです。

>nonnkoさん
前後位置を変えるとかなり変わりますね。
乗り心地もスピードも。
でも、僕は基本がわかっていないので、
本当にこれでいいのかなぁ、と思いながら
やっています。
いろいろと勉強しなければならないことが
多いですね。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。