Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We Love Marines!

2005-08-19-Fri-23:27
そろそろカミングアウトしましょうか。
実は僕は
千葉ロッテマリーンズの大ファンなのですう、ですう、ですう・・・
ああ、すっきりした。
だからどうしたって思われる方がほとんどでしょうね。
今年はホントにホントにホントに優勝が狙える位置にいるのです。

僕はこれでも結構ファン歴が長くて、昭和49年にロッテが日本一になった直後の頃からですのでかれこれ30年以上も応援し続けていることになります。
バカですねえ。正直自分でもあきれます。
なにしろ昭和49年以降一度も優勝していないんですから。
一度もですよ。
もう1回。
一度もですよ。
30年も優勝から遠ざかっているチームは12球団で他にいないんですから。
・・・あ、楽天がいた・・・がんばってください。ファンの方々の心中、お察しします。
この30年という長い間、ロッテは優勝どころか万年Bクラスのまさに弱小チームでした。
毎日歯がゆくて腹を立ててあきれ果てて、もう応援するのをやめようと何度思ったことか。
でも、なぜかプロ野球って一度特定の球団のファンになってしまうともうやめられなくなってしまうのですよ。
乗り換えるってことができないんです。
とにかく、苦節30年。長い長いトンネル生活。
やっと日の当たるときがきました。
ついに堂々とロッテファンを名乗れるようになりました。
優勝して欲しい。
でも、この30年の苦しみを考えれば今現実に優勝争いをしているという事実でさえかなり満足しています。 でも、できれば優勝して欲しい。

知っている方も多いと思いますが、バレンタイン監督はロッテの監督をするのは2度目です。
前回の95年は残念ながら2位に終わりましたが、久しぶりに楽しいペナントレースを味わわせていただきました。(でも、このとき優勝した西武とはかなりゲーム差は開いていたので優勝争いというところまではいきませんでした)

今年バレンタイン監督が来日したときの言葉が忘れられません。
「僕は日本でやり残したことがある」
かっこいい!これぞ勝負師。
95年にロッテの監督を辞めた後、バレンタイン監督は大リーグに戻り、当時やはり弱小球団であったニューヨークメッツの監督に就任しました。
そして2000年にはメッツをなんとワールドシリーズのチャンピオンにまで仕立て上げてしまったのです。
だからこそ、監督のこの言葉にはハッタリではない確かな意味があるのです。

もしも、今年ロッテの優勝が決まりそうになったら・・・
千葉まで行ってしまうかもしれない
そしてバレンタイン監督の胴上げを目の前で見てしまったら・・・
泣いてしまうかもしれない
いいですよね。オヤジが泣いたって。
だって、30年も待ったんだから。

みなさんも、もしよろしかったら千葉ロッテマリーンズをどうぞごひいきに。

がんばれ!マリーンズ!
スポンサーサイト

COMMENT



2005-08-20-Sat-10:43
ロッテファンは黒いユニフォームを着て
一緒に両足跳びをしてますよね。
外野席でどんどん飛んで唸ります。
ここしばらくは、ホークスの天下でしょう。
今年は調子が良くて、阪神対ロッテかと
思いましたが、残念。
アンダースローのピッチャー(名前忘れました)好きだなー。
パリーグはなぜか、アンダースローが
大成しますね。
あっと、5ゲーム以内だったらプレーオフ
でした。逆転の可能性はありました。

2005-08-20-Sat-23:13
アンダースローといえば渡辺俊介ですね。
かなり低い位置からボールが出ますよね。
ロッテの練習場である浦和球場に以前よく行ったのですが、
そのときにまだ一軍デビュー前の俊介が投球練習
をしていました。
こりゃいいな、なんて思って見ていたもんです。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。