Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルマネートレード

2007-02-21-Wed-23:29
昨日のNHKクローズアップ現代はオンラインゲームでの
通貨売買が過熱しているという内容でした。
びっくりしました。
いや、びっくりするってことは僕が時代の流れに
着いて行けてないからかも知れないけど。

オンラインゲームとはインターネット上の仮想社会で
他のプレーヤーとリアルタイムで競い合いながら楽しむゲーム。
それぐらいのことは知っています。
そのゲーム上の仮想社会で使われるお金(当然ウソのお金なんだけど)
が実際の通貨で売買されているというのです。
リアルマネートレード(RMT)というそうです。 僕はゲームはほとんどやらないのですが、
昔々若い頃にドラクエシリーズにはまったことはあります。
主人公となる戦士が冒険をしながら敵(たいていはモンスター)を
倒し、最後にボスキャラをやっつければ完結というものです。
冒険の途中で次々出てくるモンスターを倒すたびにお金がもらえます。
なんでモンスターを倒すとお金がもらえるのかイマイチわからないけど。

とにかく、そのお金を使ってバーチャル宿屋に泊まって身体を休めたり、
戦闘に必要なアイテムを買ったりするのです。
特に武器。
武器は破壊力や防御力が大きいものほどそれだけ値段も高い。
でも、欲しいのだ。もっともっと強力な武器が。

だから、いい武器を買うために地道に敵を倒してお金を貯めるわけですよね。
お金を稼ぐためにモンスターを倒すという作業を漫然と続けるのは
非常に根気が要るし退屈です。
でも、やらなきゃ欲しい武器が手に入らない。

あー、かったりぃーなぁ。もっと簡単にお金が溜まる方法ってないのかな。
なんて、確かに僕も思ったことはありますが・・・
まさか、ゲーム上のお金を現実のお金で買うなんてねぇ。

しかも数千円から数万円で売り買いされているんですよ。
番組でインタビューを受けていたマニアの人は一年間で100万円以上も使ったとか!
その人に言わせると、ゴルフの道具にお金をかけるのと同じだということです。
うーん、そう言われても・・・やっぱり僕には理解できない世界だ。

当然のことながら、楽しむためではなく金稼ぎ専門でゲームをやっている人がいるんだって。
ゲーム上の通貨の売り買いを仲介する業者も急増中なんだと。

コンピューターやインターネットの急速な発展で現代社会は我々の
想像力の限界域を完全に超えてしまってますよね。
特別何かを生産しているわけでもないのに現実のお金が動いている。
仮想社会と現実社会の境界線がますます曖昧になってきた。
市場の経済活動はこの先どうなってしまうのだろう。
そのうち日経新聞で掲載されるようになったりして。
今日のドラクエ為替市場、1ゴールド=100円・・・とかね(笑)

ケインズもマルクスも後の世がこんな社会になるとは
思いもしなかっただろうな。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。