Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初天神?

2006-08-14-Mon-20:55
昨日は伊豆大島最大のイベント!?・・・たぶん、
夏祭りがありました。
といっても、縁日といったほうがあってるかもしれませんが。

大きな通りの両側にたくさんの出店が軒を連ねる。
食べもの屋台はだいたいひとそろい、
そのほかにも輪投げ、金魚すくい、射的など。
夜店の定番がずらりと並び、人出もかなりなもので、
歩くのも苦労するほどの混みようです。 うちは去年のこの時期は上京していたので、初めてのお祭り見物。
息子二人には甚平を着させて、祭り気分を盛り上げます。

ま、それはいいんだけど、昨日はカミさんが7時から8時までの間、
子どもの保育園が出しているカキ氷屋の手伝いに行ってしまったので、
父親一人にガキ二人・・・恐ろしい。

会場に着くなり、トラオは金魚すくい金魚すくいとうるさい。
その前にすることあるだろ。まずビールだろ。
とにかく焼きそばを買って食べさせた。
僕はもちろんビール。
それから、ぶらぶら。
こんなガキども二人を連れて周るのがどういうことか、
想像に難くないと思います。

あれ欲しい、これやりたい。
ちょっと目を離すとすぐに消えてしまう。
一人が戻ってくると、今度はもう一人のほうが。
人ごみの中で僕は一人でアセアセ。
後悔。腰紐つけてつないでおくんだった。
たっての希望なので、金魚すくいはトラオにやらせてやりました。
トラオにとっては初めての経験、
ヘタクソだったけど2匹はなんとかゲット。
僕はやりたくて横からウズウズしながら見てました。

ふと、落語の初天神という噺を思い出してしまいます。
天神様の縁日に幼い息子を連れて行く父親の話で、
あれこれとねだる息子とそれに根負けして買わされてしまう父親との
やりとりが最高におかしい、
そして最後に買わされた大凧で父親が子どもそっちのけで
夢中になって遊んでしまうというお話。
ちなみに柳家小三治の初天神は大好きです。

それにしても、親子なんてものは、いつの時代もおんなじなんですね。
スポンサーサイト

COMMENT



2006-08-16-Wed-15:39
楽しい楽しい光景ですね。
お子様は騒がしいけど何に対しても
興味津々のお年頃。
危なくて目が離せない(笑)

小生宅ではこういうイベント日の
晩ご飯はカレーと相場が決まっており
「えー、先週も食べたよなー」と
ぶつぶつ言っていたのを
思い出しました。

小三治は唯一好きな噺家ですね。
好きだった小三も志ん朝も鬼籍に入りました。
円楽さんもどうなるか?
円窓、志の輔、楽太郎、あたりですね、
小生の贔屓は。

2006-08-17-Thu-22:35
>ゴン太さん
ゴン太さんは落語も詳しいんですね。
僕はそれほど詳しくはありませんが、
小三治は大好きです。
何回か独演会も行きましたし、
CDも数枚持ってます。
あー、また聴きにいきたい。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。