Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならジーコ・・・(涙)

2006-06-25-Sun-18:42
日本代表の敗退はジーコジャパンの終焉を意味します。

寂しい・・・

前にも書きましたが、僕はジーコの大ファンなのです。
1982年のワールドカップスペイン大会での
ジーコの大活躍を見たときから、ジーコは僕にとってヒーローでした。

そのジーコが遠いブラジルから日本のJリーグ立ち上げのために
鹿島アントラーズ(当時は住友金属)にやってきて、
そして、自分自身の現役最後を日本で終えた。
それだけでも光栄なことなのに、なんと日本代表の監督も引き受けてくれた。
僕としては大感激だったのです。
ベッカムもロナウジーニョもアドリアーノもジーコの前では
正装で直立不動なんだそうです。
予断ですが、アドリアーノは中田秀にジーコのサインをもらってくれるように
お願いしたらしい。

とにかく。
ジーコが日本を去る。
ついにこのときがやってきてしまいました。

寂しい・・・

確かに結局のところ日本代表はジーコが目指すサッカーを
実現できなかったのかもしれない。
でも、実はこれはサッカー以前の問題なのではないでしょうか。
日本人は国民性として、軍隊的な規律を重んじた組織的なスタイルが
あっているのかもしれない。
自由な発想で、自分の好きなように、創造性溢れるプレーをやれ、
って言われるのは日本人の最も苦手とすることなのではないでしょうか。

結果的にはトルシエジャパンには劣ったのかもしれないけど、
でも、僕はジーコジャパンのサッカースタイルは好きだったな。
見ていて、エキサイティングでちょっと独創的で楽しかった。
欲求不満にもなったけど。

ジーコ。
今度はヨーロッパのクラブチームの監督をやるらしいけど、
僕はいつまでも応援するぞ。

これからもがんばれ、アルトゥール・アントゥネス・コインブラ!
・・・ちなみに、これはジーコの本名。
「ジーコ」っていうのはニックネームで「やせっぽち」って意味。
スポンサーサイト

COMMENT



2006-06-26-Mon-09:58
さすが、majanさん!
そうです、ワールドカップに出られたのは
彼の功績が大きいのです。
特にサッカーファンは勝手なことを
言い過ぎます。
勝てないことを個人のあのプレーが
悪かったとか、指揮官の能力が
低かったなどと避難のしすぎじゃないかと
感じます。
今回は勝ち点が有ったことで
充分上出来だと思います。
実力的には3練敗なんですから。(笑)

日本は

2006-06-27-Tue-08:28
どんなことでもそうなんですが、
日本という国(の特にマスコミ)は
「こうあるべきだ」という設定点が高めなんです。
野球なら、世界一、サッカーならベスト16以上、
会社とはこういうもの、公務員とはこういうもの、
国とはこうあるべき、地方はこういうふうでなければ、
型にはめすぎ、というか、理想が高すぎなんです。
それでいて、自分のこととなると(マスコミ)は
棚に上げて、なぁなぁな体質だったりします。
糾弾される当事者がかわいそうなことがありますよ。

今回のサッカーだって、
選手も監督もがんばってました。
国民の誰よりも勝ちたかったのは
監督や選手なのに、
負けたら「すいません」って謝るんですよ。
そんな謝る必要はないですよ。
もう開き直って、
「負けたもんはしょうがないじゃないか!」って
いってほしいくらいです。

2006-06-27-Tue-19:26
>ゴン太さん
今の日本代表の実力ではW杯本戦に出られただけでも
上出来だと思うんです。
まだまだ決勝トーナメントを勝ち抜く実力はありませんよ。
ジーコも選手たちも精一杯やったと僕は思います。
みんな褒めてあげたいです。

>ケイチョさん
おっしゃるとおりで、みんな実力以上のものを期待しすぎです。
一番悪いのはマスコミ。
トリノオリンピックのときも感じたけど、マスコミがあおりすぎです。
メダルいくつとかそんな話題ばっかり。
しかも過度な期待をかけて。
でも、テレビではたくさんのサッカー解説者やスポーツ解説者が
出演していたけど、
彼らのうちでも、一人として冷静な分析をしていた人は
いませんでしたよね。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。