Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆大島ツアー PartⅡ

2005-08-04-Thu-22:21
昨日書き忘れてしまったのでちょっと補足。

三原山の頂上付近に三原神社というとても霊験あらたかな神社があります。
というのも、1986年の三原山大噴火のとき、溶岩流が真っ二つに割れ、この神社の御神体が治まっている祠を避けて流れたのです。
神の力、まさに御神火です。
ですので、三原山を登った際には是非山頂付近にある鳥居をくぐり溶岩に囲まれた祠を実際に覗いてみてください。
奇跡を目の当たりにして、思わず手を合わせてしまうこと間違いなしです。

さて、今日は昨日の続きです。
お昼ごはんのあとは大島の南部、波浮の港を目指します。

DSCN0378.jpg
ここが、このブログでもちょっとばかし話題になった通称バームクーヘンです。
千波の地層切断面といいます。
1万5000年前の地層だそうです。最近、崩落が相次いでます。






DSCN0379.jpg 

向かい側は大海原。とんがってるのが利島で、薄ぼんやりと見える平べったいのが新島です。








DSCN0382.jpg 


高台にある見晴台から波浮の港を見下ろします。








DSCN03849.jpg 

僕のバイクトレーニングの終点、
そして大好きな場所筆島です。
ここから眺める海は本当に雄大で美しい。







DSCN0412.jpg 


波浮の港です。
歴史を感じさせ、風情があります。
漁船は朝早くに仕事を終え、もう休んでいます。
夏休みなのでレジャーボートも多いですね。




DSCN0413.jpg 

町並みです。
趣がありますねえ。
伊豆の踊り子が今にも向こうから歩いてきそうな雰囲気です。







DSCN0416.jpg 

港で泳ぐ地元の子供たち。
こんなところで生まれ育った彼らが実にうらやましい!
大島には泳げない子供はいないそうです。
コレ見ればうなずけるよ。






DSCN0417.jpg 

ここが、超おすすめの鵜飼商店。
ここのコロッケは注文してから揚げてくれるので、ほくほくで最高。
1個53円。安い!
波浮に来たら絶対ここのコロッケを買うべし。






DSCN0419.jpg 
ちなみにコレです。
では、いただきまーす!


ということで、夏休み特別企画伊豆大島ツアーはおしまいです。
ホントはもっととっておきのポイントがまだまだあるんですけど、
2日や3日ぐらいじゃ回りきれないのでね。
また、今後も少しづつご紹介していきますね。
では、今日はこれで。
スポンサーサイト

COMMENT



2005-08-05-Fri-00:51
うわー!鵜飼屋のコロッケだ!まさかWEB上でお目にかかれるとは。
波波で泳いだ後は、これですよね。
土曜から帰省するので、子ども連れて寄ろうと思います。
野田浜あたりで泳ぐことしか考えていなかったので、思い出させていただき、感謝です。

2005-08-05-Fri-08:10
バームクーヘンとは、地層のことだったんですね!

バイク練習には環境が良さそうでうらやましい。
うちのあたりは、去年の震災で
道路がぼこぼこなのですよ(泣)
いつパンクするかと思って冷や冷やしながら走ってます。

2005-08-05-Fri-20:34
こんにちは。ゴン太といいます。
文章も校正もしっかりしたブログですね。
そして人生経験豊富な方だと
想像しています。
きれいな島ですがどれくらいお住まいなんですか?

小生などは俗世間からはなかなか足が洗えません。世間のしがらみのまっただ中にいます

これからもよろしく!!

2005-08-05-Fri-22:24
さむさん
泳ぎ終わった子供たちがコロッケ買いに来てましたよ。
ホントここのコロッケおいしいですよね。

ケイチョさん
大島は割と道路状況がよくて、とても走りやすいです。
車も少ないし。
そうですか。やっぱり新潟はまだ道路は完全じゃないんですよね。

ゴン太さん
こんにちは、いらっしゃいませ。
僕は大島に移り住んでまだ4ヶ月です。
それまでは新宿の人ごみの中を毎日通勤しておりました。
でも、島に来て4ヶ月。
あっという間に都会の垢がきれいに洗い流されました。
今は島暮らしを楽しむことに夢中です。
人生経験なんて。ゴン太さんに比べればまだまだ未熟者ですが、今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。