Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大島で暮らす-交通事情その1-

2006-03-26-Sun-18:27
DSCN0657.jpg

久しぶりの「大島で暮らす」シリーズです。

今日は交通事情
本土から大島に渡るには。

メインはやっぱり船です。
ま、島ですから。

まず、従来の大型船「かめりあ丸」。
でかいけど遅い。
なにせ「かめ」ですから。
ちなみに、八丈島に就航している大型船は「さるびあ丸」。
こちらは「さる」だけに、すこし速い。

話はそれましたが、
大型船の場合、東京竹芝桟橋を夜の10時に出て、
のんびりのんびり海の上を漂うかのごとく進みます。
大島に到着するのは、翌朝6時です。
もちろん、船中泊。

でも、大島から東京に行くには午後に出港、夜7時過ぎに東京着
という風になり、船中泊はありません。

席は、特等、1等、特2等、2等があります。
特等と特2等はベッド式、1等と2等は和室に布団(というかマットレス)。
ちなみに2等は椅子席も選べます。
1等と2等はアカの他人と至近距離に寝なければならず、
当然プライバシーも守れないので、
僕はだいたい特2等を使っています。
でも、2等はなんといっても値段的にはリーゾナブル。
ま、使い分けですね。
ただし、どちらにしても小さい子どもがいる場合は、
ちょっと大変です。

とはいうものの、今や大島に行くには大型船よりも
やっぱりジェットフォイル。
片道たったの1時間45分です。
軽く居眠りしている間に着いてしまいます。

ジェットフォイルは文字通りジェットエンジン積んでます。
大島のトリビア。
このジェットエンジン、アメリカの航空機エンジンメーカーの
ボーイング社製なのです。
だから、就航時のエンジン音がジェット旅客機のそれにそっくりです。

言うまでもありませんが、
船ですから、天候が悪く海が荒れれば当然欠航です。
ジェットフォイルは割と簡単に欠航しますが、
大型船はしけにかなり強い。
台風並みの荒天にでもならない限りは、まず欠航になりません。
とても頼りになる奴です。

それと、大島の住民は島民割引が使えます。
35%引きです。

大島に渡るには、実は船以外に飛行機という手段もあります。
羽田から全日空、調布からは新中央航空が飛んでいます。
船に比べるとお値段的にちょっとお高いので僕はほとんど利用していませんが、
ま、利用すれば一番楽ですね。
時間的にはたったの45分。
滑走路をうろうろ這いずり回っている時間が20分ぐらいあるので
飛んでいる時間は賞味25分ぐらいだと思います。
離陸したと思ったらもう着陸態勢に入ります。
もうちょっと乗っていたいなと思うぐらいです。
ANAはプロペラ機とジェット機があり、午前便と午後便とで変わります。
新中央航空はたしか小型のプロペラ機だったと思うのですが。
乗ったことないのでわかりません。すみません。

次回に続く
スポンサーサイト

COMMENT



交通についてのマニアックなトリビア

2006-03-26-Sun-22:27
ジェットフォイルは、ボーイング929という、ボーイング社が開発した船です。実際は、川崎重工がOEMで作っています。だから、船体にボーイングのロゴがあったり、船内に929のプレートが付いてたりします。飛行機並にトイレが狭いのも、ボーイングスペックでしょうか。詳しくは、ここで。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%83%AB

新中央航空の飛行機は、ブリテンノーマン社のBN-2アイランダーです。9人乗りのプロペラ機で、運が良いとパイロットのとなりに座れます。風が強い日には、ジェットコースターより怖いです。
でも、ジェット機よりは強風に強いようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3_%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

2006-03-27-Mon-16:18
佐渡航路のジェットフォイルも
ボーイング社製ですから、
日本中のジェットはボーイング社製かも
しれません。
ギューンて音がしますね。
両津~新潟は60分です。
こちらでは島民割引は聞いたことがありません。
あるのかなー?

プロペラ機もあります、旭伸航空だったかな。
新潟空港まで行くのがちょいと時間が掛かります。
何処で言われますが空港までのアクセスは
色々と問題が多いようです。
上越新幹線が空港まで乗り入れする
話もでていますが何時になるのやら?(笑)

2006-03-27-Mon-21:47
>島の人さん
詳しいですねえ。
さすが、島の人。
言われてみると、トイレの狭さは飛行機なみですね。
アイランダーは怖いと聞きますが、
やっぱりそうなんですね、
でも、パイロットの隣っていうのは、すごく魅力的。
噂によると、アイランダーのパイロットは元自衛隊のパイロットで
だから、ANAが欠航になるような荒天でも新中央航空は飛べるのだ
って聞いたんですが、本当なのでしょうか。

>ゴン太さん
佐渡のジェットフォイルもボーイング社なのですか。
それにしても、聞けば聞くほど
佐渡と大島は似ていますよね。
佐渡のほうがスケール的に全然大きいですけど。
なんてったって、佐渡にはコンビにがあるんですからね。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。