Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大島で暮らす-買い物事情その3-

2006-03-14-Tue-21:50
大島での買い物についていろいろと書いてきましたが、
不便だ、とか品数がないとか、そんなことばかり書いていると
大島転勤が決まった人はがっかりしてしまいますよね。

でも、都会での贅沢な暮らしにどっぷりと浸かりきってしまったからこそ、
島での買い物に物足りなさを感じてしまうのです。
これを忘れてはいけません。

で、実は慣れてしまうといつの間にか島でのこういう生活が
苦にならなくなってしまうのです。

それに、ぜひ書いておかなければなりませんが・・・

島には都会では買えない貴重なものがたくさんあります。

まず、新鮮な野菜。
スーパーのほかにも、ぶらっとハウスという地元野菜直売所や
その他の無人販売などで安くて新鮮なものがいつでも買えます。
僕の大好きな明日葉や青とう(島とうがらし)とかの島特有の野菜も。

それと、海藻類もおいしくて豊富。
ハンバのりや島のり、らっぱ、とさか、寒天・・・
もちろん海に行って自分で採ってきちゃうという手もあるけど。

それからなんといっても魚介類。
貝類はバラエティに富んでいます。
アワビ、トコブシ、サザエ、メッカリ、シッタカ、セセリ・・・
メッカリやセセリはやっぱり海に行けば自分でも簡単に採れます。

そして地元近海で獲れた魚はもちろん新鮮でぷりぷり。
アジ、イサキ、キンメダイ、サビ、バチマグロ、タカベ、カツオ・・・
正直言ってここの刺身に慣れてしまうと東京帰ったら刺身食べられない。
去年東京に行ったときに、魚介類が新鮮で旨いと評判の居酒屋で
刺身を食べたんですけど、
え・・・?
って感じでした。

やっぱり大島の魚は旨い!
野増というところにある内宗という魚屋さんは最高。
新鮮で本当においしい。
刺身もさることながら、干物もかなりおいしいよ。
特にキンメダイの干物はゲージュツ品です。
おっちゃんも気前がいいし。
「ウチの魚は大島近海で獲れたものだけだからね。
養殖モノなんて絶対売らない。だから旨いよ。
ウチのを食べたらもう他で食べられないよ」
っていうのが口癖。

とにかく、大島のおいしいもの書いたらキリがないくらい
たくさんあるのです。

よくカミさんと話しています。
東京戻ったら、こういうおいしいものが食べられなくなっちゃうんだね
、なんて。
本当にそうなんです。
それを考えただけで寂しくなります。

DSCN0654.jpgDSCN0656.jpg

ぶらっとハウスです。


DSCN0655.jpg

向かいはご覧のような牧場です。
ここの牛のお乳で作ったソフトクリームもぶらっとハウスで
売られています。
おいしいよ。
スポンサーサイト

COMMENT



言い忘れたけど

2006-03-15-Wed-06:03
昨日言い忘れたけど、これから子供が幼稚園や学校で絵を描いたり、作品作ってきたりするようになる。もって帰ってくるとしばらくは飾っていたりするけど、結構かさばるし、あるタイミングで仕方なく捨てることに。すべて取っておくことできないし。ちょっとつらいが。

そこで。
捨てる時には、写真を撮っておけばいいと最近思うようになった。そしてアルバムに残しておけばいい。少しは罪滅ぼしになる。これ是非実行して。うちはもう大きくなっちゃったから今さらなんだけど、まじゃんはまだこれからだから。

そうなんですよ

2006-03-15-Wed-08:46
田舎には田舎のよいところがたくさんあるんですよね。
むしろ、都会になくて田舎にあるもののほうが多い。

最近、田舎にあるのに、都会で手に入らないものは多いけど
逆に、都会にあるもので田舎で手に入らないものもなくなってきたので

田舎にすむほうが楽しいです。

2006-03-15-Wed-10:38
モノが足りているからといって満たされているとは限らないということに最近気がつき始めました。
引越しのときに出したあの大量のゴミ。
あれは一体何だったんだろう?と愕然としました。
なかったらないで何とかやりくり工夫する。
発想を転換してうまくいったり、今までゴミとして捨てていたものを代用できたりしたときの「よっしゃ!」という喜び。
こういう時間が少しでもできるとすごく豊かな気持ちになれます。
それにしても、食材が豊かなのはうらやましいですね。
お刺身、干物、天然魚・・・私の好物ばかり。

2006-03-15-Wed-21:35
>やまぼう
そうだね。写真に収めておくっていうのがいいね。
子どもの写真もそうだけど、
例えば、もう捨てたいんだけど思い出があって捨てられない
っていう物はウチはやっぱり写真に撮ってそれから捨てています。

>ケイチョさん
そうそう、田舎に住んでいても手に入らないものはほとんどないです。
考え方によっては、田舎のほうがモノが豊富だし、
贅沢な暮らし方ができるとも言えますよね。

>CHIXIさん
不思議なことですが、こっちに来てからというもの
カミさんがお菓子を手作りすることが多くなりました。
ウチに限らず、周りの奥様方もみんなそのようです。
だんだん生活がアナログになってきています。
アナログ万歳!
ただし、パソコンは必需品。

ほんとに大島幸せかなあ?

2008-10-02-Thu-18:49
確かに大自然と素朴な人たちは都会生活者には魅力です。
ほんとうに知りたいのは むしろ大島ならではの息がつまる感や島民のいやらしさです。いろいろ知りたいです。

ほんとに大島幸せかなあ?

2008-10-02-Thu-18:49
確かに大自然と素朴な人たちは都会生活者には魅力です。
ほんとうに知りたいのは むしろ大島ならではの息がつまる感や島民のいやらしさです。いろいろ知りたいです。

ほんとに大島幸せかなあ?

2008-10-02-Thu-18:49
確かに大自然と素朴な人たちは都会生活者には魅力です。
ほんとうに知りたいのは むしろ大島ならではの息がつまる感や島民のいやらしさです。いろいろ知りたいです。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。