Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髪きり

2006-01-27-Fri-23:14
伸びていた次男テルの髪をようやく切りました。
息子たちの散髪は僕の仕事。
上の息子トラオはいいんだけど、テルはまだ2歳。
とにかく大変です。

「さあ、テル!チョキチョキしようか」と言った瞬間、
やだ!
と泣き出す。
泣かなくたっていいじゃないか。俺だってやりたくないんだぜ。
と心の中でぶつくさ言いつつ、
なんとか、なだめすかしてオモチャを持たせたりして、やっと切らせてくれる。
シャワーですぐ流せるように、場所は風呂場。
テルも僕も素っ裸。

始まってしまえば、さすがに観念して、じっとおとなしくしてくれる・・・
なんてことは絶対ない!
立ったり座ったり、右向いたり左向いたり。
そのたびに僕も右手にハサミ、左手にクシを持ったまま、
息子の頭の動きに合わせて動く。
早く切り上げないと、テルは飽きてくる。
急がなければ。
アセアセしながら、とにかく慌しい動きの中で髪を切る。
我ながら惚れ惚れするような手さばきです。

演芸場で見る、紙切りの芸って知ってますか?
踊りながら白い紙にハサミを入れて、犬とか人の顔とかの形に切り抜く。
黒い台紙に作品を乗せて、はい出来上がり!っていうの。
テルの髪を切っているときの僕の姿はまさにアレです。
別に僕は踊っているわけじゃないけど。
人に見せられない姿だ。しかも真っ裸で。

最近は散髪の腕もだいぶ上達してきましたが、
それでも、ところどころ切りすぎて地肌が見えてしまっているのがちょっとかわいそうです。

お前が動くからいけないんだからな。
スポンサーサイト

COMMENT



2006-01-27-Fri-23:30
私がもし息子を産んだとしたら、マルコメちゃんみたいに
坊主にしてあげるかも!?
バリカンってちょっと憧れてるんですよね。

2006-01-28-Sat-17:12
悪戦苦闘するパパっぷりが想像できます(微笑)

2006-01-28-Sat-20:35
いいですねー。
目に浮かびます。
majanさんのお子様くらいの年の時は
シャンプーはシャンプーハットを
かぶせてやってました。
嫌がるんですよねー(笑)

2006-01-28-Sat-23:01
>CHIXIさん
うちの息子は田舎顔だからなあ。
坊主にしたら、思いっきり田舎の子になってしまう。
ま、それもいいか。

>ケイチョさん
ホント、悪戦苦闘なんです。
誰か、代わりにやって、って気持ち。

>ゴン太さん
そうなんです。
問題は洗髪。
上の息子はさすがにシャワーは嫌がりませんが、
下の息子の場合、頭を膝に乗っけて、
顔にお湯がかからないようにシャワーをかけます。
もう、このやり方もキツイ。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。