Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thank&Peace

2006-01-12-Thu-22:47
おもちゃメーカーのバンダイが子どもを持つ親を対象に行ったアンケートによると、
子どもに言われて一番うれしい言葉の第1位は「ありがとう」だそうです。
なるほど。
でも、僕は逆に子どもたちにありがとうと言いたい。
こいつらのおかげで毎日どれほどの幸福感と充実感を味わわせてもらっていることか。

人間が生きていくうえで最も大切な言葉は「ありがとう」だと僕は思っています。
だから息子たちにもありがとうという言葉だけは忘れるなと常日頃から
言い聞かせています。
でも、なかなか言わないんだな、これが。

話は飛びますが、僕はときどき・・・というか、ごくたまーに世界平和について考えます。
道で野良猫と目が合ったのにプイっと相手が去ってしまったとき、
真っ青な空をコッペパンのような雲が流れているのを見たときとか。
そんなとき、なんの脈略もなく突然、
あー、世界が平和だったらいいのになあ
って思ったりする。

一般的に平和に最も近い言葉といえば愛でしょうか。
Love&Peaceとか言うしね。
でも僕はどうも愛という言葉に猜疑心を抱いてしまう。
わが身を100%預けるのには抵抗がある。
愛は両刃の剣です。キリストは愛を説いたにもかかわらずその歴史は血なまぐさい。
愛を至上のものと信じるのは危険だ。下手をすると原理主義的な暴徒へと化してしまう。

その点、ありがとうという感謝の気持ちは人の心に平和をもたらす。
愛ほどのパワーはないけれども、少なくとも暴走はしない。
感謝の気持ちさえ持っていればそう簡単に争いごとは起きないのではないでしょうか。

世界平和の鍵は「ありがとう」だと僕は信じている。
「隣人を愛せよ」ではなく「隣人に感謝せよ」ってところでしょうか。
人に感謝し、自然に感謝し、歴史に感謝し、運命に感謝し。
・・・なんか宗教じみてきたな。

ところで僕「謝謝(しぇしぇ)」って言葉好きです。
やさしくって。
スポンサーサイト

COMMENT



2006-01-13-Fri-05:28
ある高名な東洋哲学者が言っていた、「西洋のLOVEは、東洋的に訳すと、慈悲なのです。慈は楽しみを与える、悲は苦しみを取り除くという意味。愛は仏教的には愛欲など悪い意味を伴う」と。とっても納得できた。どうも「愛してる」って若干違和感あるよね。もっと言ってしまえば明治以来100数十年経っても「愛してる」って言葉、完全に日本語に馴染んでない。やはり東洋の風土に西洋の概念を移植しただけだからかも。

2006-01-13-Fri-13:56
なるほどね。
言いたいことよくわかりました。
お題目を唱えるだけでなく
行動で示せということでも
あるのでしょうか?
言霊の国=日本
文字や言葉自体に意味付けをし
命をもたせる。
日本人の名前なんてのは言霊の
代表格ですな。名前に意味をつけ
ありがたがる。
この辺は海の向こうの人達に
どううつるんでしょう?
「愛」微妙なところまでは訳せません。

2006-01-13-Fri-22:30
>やまぼう
そのとおり!
だから、愛って言葉に違和感を感じるんだよね。
もともと日本では愛という言葉は仏教用語からきていて、
いわゆる煩悩の根本的なものの一つらしい。

>ゴン太さん
話がだんだん難しい方向に進んできてしまいましたね。
日本は西洋文化をたくさん取り入れているという、
歴史のあり方自体にどうも弱点があるような気がします。
ゴン太さんおっしゃるようにモノに名前をつけて意味を持たせる。
それが日本古来のモノならよいのですが、
西洋から入ってきたモノとなるとなかなかうまくいきませんね。
仏教でいう「愛」とキリスト教でいう「愛」もかなり意味合いの違う
モノのようですし。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。