Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴見中継所より

2006-01-02-Mon-18:45
20060102184514
箱根駅伝を観に来ています。
ここは鶴見中継所です。
この大会にかける選手やスタッフたちの緊張感がヒシヒシと伝わってきます。
11月に自分が出場した駅伝大会をちょっとだけ思い出しました。
次元が違うけど。
スポンサーサイト

COMMENT



2006-01-03-Tue-00:05
おーっいいなぁ!
臨場感が伝わってきます。
雨に降られませんでしたか?
往路はなかなかドラマチックな展開でしたね。

2006-01-04-Wed-10:04
今年の箱根は大波乱でおもしろかったなぁ。これだから箱根はやめられない。亜細亜の優勝を予想した人どれだけいただろう。1区、日体の鷲見が突っ走るが失速、でも魅せてくれた。順大佐藤和予想外のダウン。2区日大サイモンが大ブレーキ。3区東海佐藤悠基期待どおりの大爆発。5区東海伊達大失速、順大今井期待通りの活躍区間賞。8区順大難波の脱水でふらふら(これがあるから箱根は面白い)。駒大境(まじゃん似)がんばる。9区亜大山下の頑張り(注目されないけど去年もよかった)。10区駒大糟谷の不調。箱根は他の駅伝にない魅力と恐ろしさがある。そこが計り知れない魅力だね。これから1年ビデオをずっと見ます。何度見ても飽きない。

箱根駅伝

2006-01-04-Wed-13:32
あけましておめでとうございます。充実した一年になりますよう。
平塚中継所とゴールで見ていました。年一回の大イベントだけに応援団も活気があってよかったですよ。大手町は競争を応援するところというよりも残りわずかの距離を走るランナーを応援する場所になっていた気がします。応援団の応援合戦も面白かったですよ。普段テレビでは放送されない楽しみの要なきがします。

 年始に島に帰省した際に、町議さんの家に挨拶に行ってきました。さりげなくオリンピックの件も出してみましたが無理っぽい空気でした(もともとそういうことには反対派の方なので理解できる答えでしたが)。いろいろと話を伺ってきましたが島の残存体力の方が心配になってしまいました。

2006-01-05-Thu-00:22
>CHIXIさん
雨は降っていませんでしたよ。
さすがに目の前で見るのはまたテレビとは
違った楽しさがあります。
でも、僕が観た往路の鶴見はあっという間に
選手たちが駆け抜けて行ってしまいました。

>やまぼう
ホント、箱根は毎年ドラマチックで飽きないねえ。
今年は予想外の大学が出てきたのでまた一段と楽しかった。
それにしても、ウチらの母校は無残だったね。
・・・ていうか、眼中になかったけど。

>ライカさん
たしかに、ゴール地点は楽しそうだなと思っていたところです。
来年は大手町行ってみようかな。
でも、携帯用のテレビが必要です。

ところで、大島の人はやはり思っていた以上に腰が重いようです。
というか、現実味がないんでしょうね。
また、今度改めて記事に書こうかと思っていますが、
島の残存体力、危機感があるようで実はない、
という点については、実はこの国、日本国家に似ているような気がします。

コメントの投稿

TRACKBACK

箱根駅伝、往路

 第82回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)の第1日は2日、東京・大手町の読売新聞社前から神奈川県箱根町の芦ノ湖駐車場入り口を結ぶ往路108・0キロで行われ、順大が5区の山登り区間で6位から一気に首位に立ち、17年ぶり
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。