Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い道のり

2005-12-27-Tue-16:07
大島でのオリンピック開催・・・
今のところ動きも気配も感じられませんね。
やっぱり思ったようには簡単にコトは進まないようです。
島にとってこんなチャンスはもう巡ってこないかもしれないのに。
それとも僕が思うほど慌てる話ではないのだろうか。
要するに、あまりに現実味が薄すぎるのですよね。
大島でオリンピックなんて。
でも、あきらめてはいけない。
まだ時間はある・・・たぶん。

ところで、現実的な話を書きましょうか。
オリンピック開催地が決まるまでにはどのような道のりがあるのか。
今回の記事は書き溜めていたものなのでかなり長くなりますよ。
ですので、今日と明日の2日間にわたってしまいます。
すみません、かなりマニアックな内容なので、関心のない方は無視してください。 さて。
東京都はこの秋に「東京オリンピック基本構想懇談会」という会議を設置し、既に2度ほど会合を開いています。
この懇談会のメンバーはなかなか面白い。
観光や都市計画など各分野の大学教授をはじめとして、柔道の古賀稔彦氏、スポーツライターの乙武洋匡氏、エスビーの瀬古利彦氏、テリー伊藤氏、楽天の三木谷氏、エッセイストの桐谷エリザベス氏など各界の著名人ばかり。
この懇談会で首都東京におけるオリンピック競技大会のあり方などについて意見を求め、来年1月に取りまとめを行う予定だそうです。
そして、その意見を参考に東京都ではオリンピック招致のための「オリンピック開催・概要計画書」を作成し、6月末までにJOCに提出します。

さて、この「開催・概要計画書」の中身ですが、
オリンピックの期間、開会式・閉会式の会場、各競技会場及び施設の内容、大会コンセプト、選手の輸送手段、プログラムなどをまとめたものになるようです。
当然、ボリュームはかなりなもので、例えば以前に立候補した大阪市の場合は600ページにも及ぶものになったそうです。
これだけのものを来年の1月から4月ぐらいまでの間に完成させなければならないのです。
大変な作業になるでしょうね。
こんな短期間にちゃんとした計画書ができるものなのか、いささか不安ではありますが。
この計画書は東京都の職員が直接作るのではなく、おそらく外部の企画会社に委託することになるだろうと思われます。
ちなみにオリンピックには「電通」が強いといわれています。
まあ、「電通」はビッグイベントが得意ですからね。

JOCは国内の各都市から提出された「開催・概要計画書」を審査し、来年11月には日本での候補地を一本化します。
対抗馬は今のところ、福岡、札幌ですね。
そして日本での候補地が決まれば、今度はその都市についてIOCに提出されるのです。

ところで、2016年夏季オリンピックの開催地がIOCで本決定されるのは、
2009年になります。
ちょっと先の話ではありますが。
東京がIOCに選ばれる可能性はどのくらいあるのでしょうか。
その前に、ここで我が東京のライバルを把握しておかねばなりません。
北米では、ロサンゼルス・ニューヨーク・シカゴあたりとされており、
特にニューヨークは最強ライバルです。
ヨーロッパでは、ローマそして先日ロンドンに破れたパリやマドリッドがどうやら立候補するようです。
過去のオリンピック開催地から今後を予想してみると
2000 シドニー(オセアニア
2004 アテネ(ヨーロッパ
2008 北京(アジア
2012 ロンドン(ヨーロッパ
2016 ???(北米?)
って感じなんですよね。2016年は東京不利?
でも、もし2016年が北米の都市になったとしたら、その次のオリンピックは
2020 ???(アジア
となる可能性は高いように思えます。
東京都の石原知事は
「2016年、もしくは2020年開催を目標に・・・」
という言い方をしています。
2020年でもいいですね。いや、2020年がいい。
時間的な余裕が生まれれば、大島での開催に向けて少しは追い風が吹くかも知れません。
スポンサーサイト

COMMENT



2005-12-27-Tue-21:00
膨大な人力と経済力と意思統一がいるんですね。
わかるようでわからないパンドラの箱。
開けるとどうなるんでしょう?
こういう事ってトップダウンが出来るときは
良いのでしょうが都知事とていつまでいるかわかりません。
トップが変わったら白紙撤回(選挙公約)なんていうことは
日本の何処の都市でもありそうなことです。
トラが東京都(もしそうなったら)でやれるということだけでも
すんごいことです。
大島だったらもっともっとすごいこと。
小生は個人的には内地の方が見やすいし行きやすいです。
こういった意見もでてきますよ。(ごめんね、怒らないでね)

2005-12-28-Wed-12:49
そうですね。
集客力という点からいえば
内地のほうが圧倒的に有利ですね。
警備体制や資材の運搬の段取りなども楽なはず。

でも、ワールドカップサッカーで
韓国が済州島を使ったのを考えると、
島だから絶対無理というわけではないはずです。

2005-12-28-Wed-22:27
>ゴン太さん、ケイチョさん
お二人がおっしゃるとおり、集客力という点では、まさしく
内地のほうが便利だし、有利です。
おそらく、大半の人がそう思うでしょう。
わざわざ、不便な島でやらなくてもって。
そりゃそうですよね。
大島でやりたいっていうのは、地域エゴと言ってしまえば
確かにそれまでかもしれませんが、
でも、僕としてはそれだけではないのです。

東京=大都会、コンクリートとアスファルトの町
ってイメージが強いと思われますが、
実は東京にも雄大な火山や美しい海があるのだということを
世界の人にアピールしたいという気持ちもあるのです。
東京っていいところなんだよってことを。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。