Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日です

2006-12-31-Sun-07:48
もう今年も終わります。
今年は僕にとって近年まれに見る良い年になりました。

大島在住2年目でますます島の自然を楽しみ、
子どもの成長著しく、またたくさんの時間で触れ合うことが
できました。
そしてなんといっても、今年の目玉は
佐渡Aタイプ初挑戦、そして完走。
ブログを通してお知り合いになり、仲間となった方々にも
たくさん励ましの言葉をいただき、
また、実際にお会いすることもできました。

充実した1年でした。
来年はもっといい年に・・・
いや、あんまり欲張るのはよくないな。
来年は今年と同じぐらい良い年になればなと思っています。

このブログをご覧の皆様も一年間ありがとうございました。
ぜひ皆様にも来年は良い年になればいいなと心から思っています。
では、来年もよろしくお願いします。

よいお年を。
スポンサーサイト

久しぶりに寝込んだ

2006-12-27-Wed-22:27
月曜日の夕方頃から、なんだか熱っぽくって
夜になったら、もうだるくてだるくて、体中の節々が痛む。
唾液をゴクンと飲むとものすごく喉が痛い。
こりゃ、扁桃腺か?

火曜日は一日仕事を休んで寝ていました。
まあ、寝てれば治るだろうとたかをくくっていたのですが、
午後になって熱がますます上がってきたので、
さすがに病院に行ったところ案の定、扁桃腺炎でした。

お医者さん曰く
「こりゃ、かなりひどいよ。」
ということで、すぐに点滴をすることになりました。

えっ?そんなにひどいの?

確かに、かなりしんどいんだけど。
しかも
「これから3日間、毎日点滴受けに来て」
だと。

そういうわけで、今日は午前中点滴を受けて、
本当は仕事も休みたいところだったんだけど、
どうしても今日中に片付けたい仕事があったので、
午後からは出勤してきました。

でも、さすがに点滴は効きましたね。
もう、ほぼ回復。
元気になりました。
ま、ブログ書いているくらいだからね。
明日は、もう点滴はいいや。サボリ。

それにしても、今月はやっぱりちょっと疲れていたんだな。
出張続きで、仕事も忙しかったし。
確かに体が疲れていることはうすうす気づいてはいたんだけど、
ちょっと無理し先週は土曜日に30キロランやって、
日曜日に10キロビルドアップやったのが、決め手だったな。

やっぱり、自己管理はしっかりやらないとね。

爆笑

2006-12-25-Mon-02:18
チュートリアル、最高だった!
めっちゃ面白いやんけぇ!


・・・それだけなんだけど。


・・・誰かに言いたくて。

メリー・クリスマス!

2006-12-25-Mon-01:41
去年も記事で書いたと思うけど、
もうクリスマスの時期なんですよね。
1年、あっという間だったな。

去年は子どもたちのプレゼント選びに苦労したけど、
今年は早々に、サンタさんへのお願いを聞き出せました。
トラオはレゴブロックの恐竜、テルは同じくレゴのヘリコプター。
去年と違って、非常に商品名が具体的なのでサンタとしてはやり易い。
東京に行ったついでに買ってきました。

ところで、トイザラスってラッピングしてくれないんですね。
そんなわけで、今年も夜中にしゃかしゃかとラッピングしました。
さっき終わったところ。
ま、こんな作業するのも今だけだし、これもまた楽しいんだけど。

明朝、子どもたちの喜ぶ顔を見るのが楽しみです。
もちろん、二人ともサンタさんの正体については、露ほども疑っておりません。
トラオは寝る前に
パパ。頑張って起きててサンタさんがプレゼント置くところ見ててね。
と言っておりました(笑)

亀田良かった・・・けど

2006-12-25-Mon-01:33
亀田興毅やりましたね。
完璧な内容でした。まさに完勝。
チャンピオンのボクシングでした。
若干二十歳にしてあんなボクシングをやるとは、
なんて生意気な奴なんでしょう。

自分のこれまでのスタイルを変えてまで勝ちにいった。
でも、次の試合でもああいうボクシングをやるようだと・・・
うーん。
きっと亀田ファンは激減するんじゃないかな。
やっぱり、ファンは亀田のケンカボクシングがみたいんだから。
KOを見たいんだよ。
ま、本人もその辺のところはわかっているようだから、
次は大丈夫だとは思うけど。

ここはどこ?

2006-12-20-Wed-18:23
20061220182339
さて、ここはどこでしょう。
このパルテノン神殿みたいなのはなに?

正解は。
僕は今週は、新島出張です。
そして、この妖しげな?施設は、なんと露天風呂なのです。
海岸沿いの高いところにあります。何度も新島には来ているんですが、まだ入ったことはありません。
一度お邪魔してみるかな。
夜はライトアップされてますます幻想的な雰囲気を呈します。
よくわからんけど、恐るべし新島。

遊就館行ってきました

2006-12-19-Tue-22:27
映画に刺激を受けてというわけでもないけど、
・・・いや、ちょっとはあるかも
遊就館を見学してきました。

遊就館とは、靖国神社にある施設で簡単に言えば日本軍の戦争博物館です。
復元された零戦や戦車、人間魚雷回天や特攻ロケット桜花のレプリカなどの旧日本軍の兵器類のほか、戦地で回収された遺品、手紙など祭神となった戦没者関係の資料が展示されています。
そうそう、「硫黄島からの手紙」に登場する栗林中将が子どもにあてた絵手紙や西中佐のオリンピック時の記念品などもあるんです。

ここでは戦争の悲惨さというのはあまり伝わってきません。
少なくとも僕には。
どちらかというと日本軍がいかに勇敢であったかというのを暗に示しているような印象です。
ま、靖国神社だからしょうがないか。
・・・と思っていたのですが。
最後の展示コーナー「靖国の神々」
ここに来たとたん、軽くめまいを伴うぐらい重たい何ものかによって僕の心臓が締め付けられました。
そこには戦死した人たちの数千枚にもおよぶ生前の写真が並べられ、かれらの笑顔が圧倒的に迫ってくるのです。
そして、家族にあてた手紙の数々。

本当に彼らが英霊という名の神様になったのかどうかは僕にはわかりませんが、こんなにもたくさんの人たちがあの戦争で命を落としたというのが、紛れもない事実なのだとリアルに感じさせられます。

政治家の靖国参拝問題が最近特に政治問題の種となっています。
この問題はかなりデリケートだし、僕はまだまだ勉強不足なので、ここでどうこう書くことはできませんが、
一言だけ。

戦死した彼らには、その一人ひとりに現代の僕らと同じような普通の生活があったはず。
そんな彼らのことを僕らはもっと思うべきだ。
できることならそろそろ静かに眠らせてあげたい。
政治や外交の駆け引きに利用したり、がやがやと騒ぎ立てたりするのはもうやめたほうがいいんじゃないか。

硫黄島からの手紙

2006-12-18-Mon-22:21
また、東京出張での話。

映画「硫黄島からの手紙」観てきました。
先月東京に行った際に、もう1作のほう「父親たちの星条旗」を
観たので、
これでクリントイーストウッド硫黄島2部作の両作品を
観たことになります。
第二次世界大戦での硫黄島の激戦を「父親たちの」では
アメリカ側の視点から、
「硫黄島からの」では日本側の視点から描いたものです。

「父親たちの」はヒーロー好きなアメリカ人によって悲しくも
ヒーローに祭り上げられてしまった兵士たちと
その裏には悲惨な現実があるのだという話で、
まあアメリカ映画にはありがちな内容だったかな。
結構面白かったけど。

「硫黄島からの」は外国人が作った日本人の映画にしてはよくできてるなあと驚かされました。
クリントイーストウッド始めスタッフの人たちが日本人の歴史観とか
思想をよほどしっかり勉強していなければあれほど説得力のある映画は作れないでしょうね。
もちろん映画ですから製作者の意図がそこに反映されているだろう
ことはわかるので、あくまでもノンフィクション風のフィクションと
捉えておかなければならないとは思いますが。
特に、アメリカ滞在経験のある二人の上官だけが日本軍唯一の良心
であるかのような描き方がなんとなく「ふーん」と思ったけど。
ま、でも実際はあんなもんかも知れないな。
とにかくそういう違和感を差し引いても、この映画はすごく良かった。
(なんだ、良かったんかい!)

胸が痛みました。
誰のために生きるのか。なんのために死ぬのか。
とにかく、この映画を観ていて悲しくなりました。
2作を通して心に染み入ってくるメッセージ、
そして僕の素直な感想は、

人間の意志に基づく行為の中で戦争ほど無益なものはない

ということでした。

結論。
たった4時間で、いろんな経験させてもらって、いろんなことを考えさせてもらって、
これで1800円は安い。(僕はレイトショーを観たので1200円也)

・・・そういえば。
硫黄島は「いおうじま」と読まれているけど、
正しくは「いおうとう」だったと思うんだけど。
違ったかな。
硫黄島は大島と同じ、東京都にある島の一つです。

ロニー!

2006-12-16-Sat-16:18
DSCN0887.jpgロナウジーニョ観てきました。
FIFAクラブWカップの
FCバルセロナVSアメリカ。
生ロナウジーニョを見るのは、これで2回目。
前回はワールドカップ決勝のブラジルVSドイツでした。


今回のロナウジーニョは絶好調。
あのときよりさらにワザに磨きがかかっていました。

バルサ、そしてロナウジーニョ、すごいとしか言いようがない。
超一流のプレーというのはあんなにも魅せてくれるんですね。
結果は4-0でバルサが圧倒的な勝利。
まさにバルサの良いところだけが目立った試合展開でした。

ロナウジーニョの天才的なプレーはスタジアムにいた観客全員が
思わず声を上げるほど芸術的でした。
おまけにゴールまで決めてくれた。

僕が座っていた席は、コーナーフラッグのすぐ近くだったのですが、
ゴールを入れた後に、ロナウジーニョがコーナーのところまで来て
おなじみのダンスパフォーマンスを見せてくれたのです。
すごく近くで見られて感動してしまいました。

ロナウジーニョはおそらく今後伝説の名プレーヤーとして
名を残すことになると思うけど、
そんな選手の最も旬なときのプレーを間近で観られたのは
本当に良かった。

それにしても、バルサ強いな。
一時期は調子がいま一つとかいわれてたけど、
エトー、メッシ、サビオラが抜けててもこれだもんな。
こりゃ、チャンピオンズリーグも取っちゃいそうだな。

ホテルの一室にて

2006-12-13-Wed-21:23
20061213212353
出張のため東京に来ています。
仕事を終え、ひとっ走りしてきました。
ベイエリアを眺めながら。
それほど寒くなく、夜気が心地よかった。
やや近視気味の目に乱反射する
レインボーブリッジやお台場のイルミネーションはある種の懐かしさを覚えます。
たまには都会の喧騒や排気ガスにまみれて走るのも
悪くないね。

さて、これからささやかな酒宴を開きます。
ひとりで。
池袋のデパートで飛良泉の山廃純米とブルーチーズを
買ってきました。
山廃みたいなまったりとした
コクのある酒にはブルーチーズのような
強烈なぐらいのツマミがぴったりです。
フルボディの赤ワインに合わせるのと同じですね。 では。

初めての夜釣り

2006-12-11-Mon-22:34
最近、ネタがなくて・・・

そうそう、金曜日のことになってしまうのですが、
初めて夜釣りというものをしてみました。
場所は岡田港の桟橋。
職場のお友達と二人で
8時過ぎから12時ぐらいまでやりました。
北東から雨混じりの風が吹く中、まあ物好きなこってす。

でも、実に楽しいんだな、これが。

ケミホタルという発光薬が入った小さなスティックが必需品。
パキンと折るとフワッと光りだします。
これをウキに挿して海に投げるわけです。

海の中でケミホタルのささったウキが波にプカプカと浮くさまは、
まさに、漆黒の中をふわふわと漂うホタルそのものなのです。
なんだか真っ暗闇の中浮かぶホタルを見ているだけで心が癒されます。
あんまり見すぎると自分が幻想の世界にさまよいこんでしまったような
錯覚に陥ってしまうので危険です。

ここんところ、釣りに出てもずっとボーズ続きでしたが、
さすがに夜は釣れるようです。
釣果のほうは、大漁とまではいきませんでしたが、まずまずでした。

また、行こうかな。
なんだか、はまりそう。

6歳の誕生日

2006-12-01-Fri-18:39
昨日、11月30日はトラオ6歳の誕生日でした。
家庭でささやかなパーティ。
北の山のシャロンでバースディケーキ買って、
三吉のお寿司を配達してもらいました。

もう6歳、まだ6歳?

年を追うごとに、ろうそくが増えてケーキが賑やかになっていく
のは嬉しいです。

僕の子どものころは家が貧乏だったせいで、
誕生日というのはあまりいい思い出がないんだよね。
だからこそ、子どもたちの誕生日は楽しくて温かいものにしたいと
思っているのです。

じじばばやお友達からたくさんプレゼントもらって、
嬉しさいっぱいのトラオ。
とどめに僕ら夫婦からのプレゼントは、
トラオが熱望していた自転車です。
今まで持っていたものより、ふた周りぐらい大きい。
オプションでスピードメーターもつけてもらいました。
6歳児の自転車にスピードメーター必要?・・・
って聞かれると、返事に困りますが。
自転車に関しては、ちょっとだけこだわってしまいます。

とにかくトラオは大喜び。嬉しくて嬉しくて仕方がないって様子。
それをみて僕も満足。

6歳か・・・
とりあえず、今の時点では可能性が無限大にありますよね。
オリンピックに出て金メダル取るかもしれないし、
総理大臣になるかもしれない。

ま、確率的にはかなり低いけど。

いいんです。夢を見せてもらえるだけで。
それだけで親は幸せなんです。

トラオよ。
僕らの手を離れて独り立ちしたら、
自分の生きたいように生きればいい。
もう親のことなんか考えなくていいからな。
僕らは、もうすでに十分すぎるほど親孝行してもらっているからね。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。