Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯はヨーロッパに限る

2006-06-29-Thu-21:06
サッカーワールドカップはいよいよ面白くなってきましたね。
昨日は朝4時に起きてフランス対スペイン戦を観ました。
中継が終わって6時からバイク練にも行くので、最近寝不足。

順当に強豪国がベスト8に残っています。
この8カ国のうち6カ国が過去に優勝経験があるというのです。
これからの各国の威信をかけた戦いがいかに熾烈を極めたものになるか、
んーーん、楽しみでならない。

前回の日韓大会はいまいち盛り上がらなかったもんな。
もちろん日本国内では盛り上がっていたけれども。
アジアという地球の端っこで(もちろん欧米から見たらの話ですけど)
開催されるW杯はヨーロッパの出場国になんとなく勢いがなく、
優勝候補といわれていた国がみな早々と敗退してしまいました。

やっぱりW杯やるならヨーロッパです。
盛り上がり方が全然違います。
どこの国も万全の調子で来るし、なによりサポーターが強力。
ヨーロッパ同士の試合になるとまるで戦争です。

前回大会のときにはこうはいかなかったですよね。
僕は日韓大会のときに2度ほど実際に試合を観にいきました。
そのうちの一つ、グループリーグのクロアチア対エクアドル戦。
両国のサポーターはいるにはいましたが、やはり圧倒的に多かったのは日本人。
僕も含めて。
そして、もう一試合観に行ったのが決勝!ブラジル対ドイツ。
ブラジル人サポーターはかなりいましたが、ドイツ人は少なかった。
そしてここでも日本人観客が一番多かったかもしれない。
ま、日本で開催されたおかげで僕もこの目と肌で直接W杯を楽しむことができたので
良かったといえば良かったのですが。

それでも、あえて言わせてもらえば、やっぱりW杯はヨーロッパに限る。
スポンサーサイト

さよならジーコ・・・(涙)

2006-06-25-Sun-18:42
日本代表の敗退はジーコジャパンの終焉を意味します。

寂しい・・・

前にも書きましたが、僕はジーコの大ファンなのです。
1982年のワールドカップスペイン大会での
ジーコの大活躍を見たときから、ジーコは僕にとってヒーローでした。

そのジーコが遠いブラジルから日本のJリーグ立ち上げのために
鹿島アントラーズ(当時は住友金属)にやってきて、
そして、自分自身の現役最後を日本で終えた。
それだけでも光栄なことなのに、なんと日本代表の監督も引き受けてくれた。
僕としては大感激だったのです。
ベッカムもロナウジーニョもアドリアーノもジーコの前では
正装で直立不動なんだそうです。
予断ですが、アドリアーノは中田秀にジーコのサインをもらってくれるように
お願いしたらしい。

とにかく。
ジーコが日本を去る。
ついにこのときがやってきてしまいました。

寂しい・・・

確かに結局のところ日本代表はジーコが目指すサッカーを
実現できなかったのかもしれない。
でも、実はこれはサッカー以前の問題なのではないでしょうか。
日本人は国民性として、軍隊的な規律を重んじた組織的なスタイルが
あっているのかもしれない。
自由な発想で、自分の好きなように、創造性溢れるプレーをやれ、
って言われるのは日本人の最も苦手とすることなのではないでしょうか。

結果的にはトルシエジャパンには劣ったのかもしれないけど、
でも、僕はジーコジャパンのサッカースタイルは好きだったな。
見ていて、エキサイティングでちょっと独創的で楽しかった。
欲求不満にもなったけど。

ジーコ。
今度はヨーロッパのクラブチームの監督をやるらしいけど、
僕はいつまでも応援するぞ。

これからもがんばれ、アルトゥール・アントゥネス・コインブラ!
・・・ちなみに、これはジーコの本名。
「ジーコ」っていうのはニックネームで「やせっぽち」って意味。

トップアスリートの走り

2006-06-25-Sun-18:19
ちょっと前の話になりますが。
僕が落車した翌日のこと。
アイアンマンジャパンのちょうど1週間前です。

車で病院に向かう途中、見慣れた日東紅茶のバイクシャツを発見。
バイクに乗っている人物を確認するとあの河原隼人選手ではないか。
あとから聞いた話では、大島合宿に来ていたそうです。

もちろん僕は病院にいくことも忘れ、車で追いかけました。
カミさんの運転でしたが。

僕のホームグランドでトップアスリートはどんな走りをするのか、
興味津々。

野増から千波までの約2キロちょっとの上り坂。
傾斜もあり、いつも僕は息をはあはあと切らして走る坂です。
さて、河原選手は。
後ろから車でゆっくり見させていただきました。
ウザかっただろうな。ごめんなさい。

うーん、すごい・・・
ペダルに乗せた足がクルクル回っている。
踏んでるのではなくて、回ってるんだよ!
上半身も全く揺れていない。
DHポジションです。
そう、まるでフラットな道を走っているかのよう。
しかも速い。
このスピードから判断するに、ギアはそんなに軽くないぞ。

僕はレース経験も少ないし、人と練習する機会もないので、
こういう走りを見ると心底感動してしまう。
河原選手、先日のアイアンマンジャパンでは見事4位。
残念ながら、昨年の3位には及びませんでしたが、
それでも日本人最高位。
おめでとう!!

そういえば、昨年のアイアンマンジャパンの、
河原選手自らによるレースレポートです。
いろいろと参考になります。↓
http://www.nns.ne.jp/pri/s-o-r-a/result/report48.html

奇跡は起こるか

2006-06-22-Thu-20:37
いよいよですね、日本代表。
マスコミも誰も彼も奇跡を期待しています。
でも、みんなで期待していたら奇跡とはいえないですよね。
誰も想像しないようなことが起きるのが奇跡なんですから。

2点差でブラジルに勝つなんて無理ですね。
でも、1点差で勝つことならもしかしたら、相当低い確率だけど、
ありうるかもしれない。

こうなったら決勝トーナメント行けなくてもいいから
勝って欲しい。
いや、勝たなくてもいいから、スッキリさせて欲しい。
日本代表のサッカーって、今まで心から気持ちいいって思えた試合ありました?
いっつも不完全燃焼っていうか、スッキリしないっていうか。
どの試合でもシュート数は少ないし。

明日のブラジル戦こそ、全力でぶち当たって欲しい。
死ぬ気で戦って欲しい。
5本とか10本とかじゃなくて、50本ぐらいシュート打て!

俺たちの溜飲を下げてくれ!
胸のすくようなゲームを見せてくれ!

オヤジのぼやき

2006-06-21-Wed-21:45
今さらだけど。
あのときのジーコの決断には賛成したはずなのに、
今になって、
久保がいたらなあ・・・
と思ってしまうのは僕だけでしょうか。

ブラジルは対日本戦で主力を何人か外すらしい。
でも、それって日本にとって喜ばしいこと?
レギュラーポジション狙ってやる気満々の控え選手と
決勝トーナメントに向けて、無理しないようにと思っているレギュラー選手、
どっちが日本にとって有利ですかね。

千葉ロッテが交流戦2連覇。
せっかく先週の金曜・土曜と神宮球場にロッテを応援しに行ったのに、
なんとヤクルトに連敗。
僕が神宮に行かなかった日曜日だけロッテの勝利。
もしかして僕って疫病神?
ま、とりあえず交流戦優勝したからいいか。
この調子でパリーグ、日本シリーズも連覇といきましょう。

東京に行くと必ず寄るお店の一つ、たつなみ酒店。
ここではお酒の試飲をさせてくれる。
先日試飲させてもらったお酒。
秀鳳大吟醸山田錦、秀鳳大吟醸雄町、亀の王純米吟醸生貯蔵、
まんさくの花純米大吟醸雄町、東力士純米吟醸生原酒、庄五郎生原酒、
舞姫純米吟醸愛山、中屋純米吟醸、中屋吟醸、中屋純米辛口
・・・飲みすぎ

結局、鷹長純米吟醸生、中屋純米吟醸、亀の王純米吟醸生貯蔵を購入。
ちなみに鷹長純米吟醸は、僕の中では5本の指に入るほど好きな酒。

楽しかったです!

2006-06-11-Sun-23:01
昨日は大島トライアスロン。
ブロガーの皆様、また地元の皆様、
応援ありがとうございました。
おかげさまで、ケガも克服し無事完走できました。

とはいうものの、残念ながら、波が高すぎて危険ということで
スイムがショートカット。
2周回のところが1周回に短縮され、750mになってしまいました。
残念です。
ちなみに大島の焼き鳥屋さん、駅さんがきれいな写真をとっていただいたので
ぜひご覧ください。

確かに波はかなり高く、ちょっとヒイてしまうほどでしたが、
泳いで見ると見た目ほどキツくはなかったのです。
むしろ、波越えが楽しいこと楽しいこと。
スタート前のアップの時間には、
東京から来ていた友人と二人で、「楽しいなあ」と笑いながら
泳いでいたぐらいです。

でも、苦手なスイムが短縮されたおかげでしょうか。
今回はバイクが非常に良かった。

今日のオレ、速いぞ。

なんて感じながら走っていました。
何人ぐらいだろう。ずいぶん抜いた気がします。
特に嬉しかったのは、上り坂でばんばん追い抜いたこと。
他の選手たちがダンシングで上っている脇を、
僕はシッティングで抜いていく。
最近、バイク練習を重点的にやっている成果が出たのでしょうか。

スイムの順位が145位だったの対して、
バイクは97位でした。
タイムは1時間15分29秒。
トランジッション2回分のタイムも含まれます。
昨年は1時間21分15秒で150位だったので、ずいぶん良くなりました。
ま、苦手なスイムの距離が短縮されたっていうのが大きいんですけどね。

でもその分、ランは50分切れず、タイムも順位も去年より悪かった。
練習不足のツケがここに現れたのでしょうか。

結果的には、総合順位は完走223人中107位。
残念。
100位以内に入りたかった。
99位まであと2分14秒でした。
ランだな。
スイムはもう既にあきらめていますから。
あとはトランジッションか。
タオルで丁寧に頭とか足とか拭いている場合じゃないな。

とにかく。
来年こそは100位以内に入るぞ!

今シーズン最初の決戦

2006-06-09-Fri-22:03
いよいよ明日は大島トライアスロン。
今日から関東地方は梅雨入りだし、雨が心配でしたが、
予報では明日の大島の天気は晴時々曇り、最高気温26度。
絶好のトライアスロン日和です。
梅雨の晴れ間とはなんともラッキー。
僕は晴れ男だから。

さっきスイム会場見てきました。
波はそれほどでもないけど、うねりがかなりありました。
こりゃ、スイムはキツそうだぞ。

僕のケガはといえば、100%完治とはいえないまでも、
競技するにあたっては、ほぼ支障のないレベルにまで回復しました。
やれやれ。

ただし。
問題は極度の練習不足。
かなり深刻です。
この3週間の練習量といえば、
今週の日曜にバイク50キロ、
今週の月曜にスイム2キロ、
ランに至っては3週間で30分ジョグを2回だけ。
こんなんで大丈夫だろうか。
完走すら怪しいもんだ。

まあ、どんな結果が待っているかは明日になればわかること。
そんなことより、今の気分はどちらかといえば
ドキドキワクワク。
久しぶりのレースですから。

期待と不安と怖れと喜びが入り混じった複雑な感情。
こんなスポーツは他にあるだろうか。

ま、とにかく明日はできるだけがんばります!

お堀かよ

2006-06-08-Thu-22:36
ずっと前に、「大島でオリンピックを」って書いたことありましたが、
どうやら、夢はあっけなく大島の海に藻屑と散ってしまったようです。

東京都が先日発表した東京オリンピック基本方針によると
全28競技中26競技の会場を都心の半径10キロ圏内にまとめ、
世界一コンパクトなオリンピックを目指すという計画になっています。
サッカーとヨットの2競技のみ東京以外の会場も使うそう。
ちなみにヨットは江ノ島でやるらしい。
大島ではダメなのか!

半径10キロ圏内・・・
大島は都心から109キロ。
やっぱり遠いな。

しかもメイン会場は晴海だそうです。
お台場のすぐ近くです。
トライアスロンはやはり予想どおりお台場で決定だな。

裏砂漠

2006-06-04-Sun-22:24
裏砂漠の近くまで車でいける道路が開通したと聞いたので、
今日はさっそく家族で行ってきました。
裏砂漠というのは三原山の裏側にある砂漠地帯。
砂漠と行っても黒い砂利。
要するに三原山の噴火で噴出した火山岩などの残骸なのです。
大島に来たときにはぜひ一度行ってみることをお勧めします。
すごいですよー。

駐車場から裏砂漠第一展望台まで約500m。
こんな道を歩きます。
DSCN0717.jpg


明日葉もそこかしこに生えていて、摘みながら歩けます。
子どもたちも楽しそうに一生懸命明日葉摘みです。
ちなみに、三原山の明日葉はおいしいんです。
スーパーなどで売っているものとは比べ物になりません。
明日葉が食べられなかったはずのトラオも
おいしいおいしいと食べたぐらいですから。
ま、自分で摘んだからっていうのもあるけど。
さて、そんなこんなで道を歩いていくと・・・

バイク復活

2006-06-03-Sat-18:54
今朝はついにバイク練習。
前輪も取替え、DHバーのアームレストも付け替え、
ようやく復活です。

事故のあと初めてのバイクでしたが、
恐怖感より再び乗ることができた喜びのほうが大きい。
とはいうものの、やっぱり下り坂はかなーりビビリが入ってしまいました。
必要以上に減速していた気がします。
ま、そのうち慣れるでしょ。
左足首の痛みもバイクに関しては全く問題なし。

バイクのあとはすかさずランニングシューズに履き替え、
家を出る・・・
と、走るとまだ足首が痛む。
着地したときの振動がビリビリっと響くのだ。
悩んだ末、すぐに引き返しプールに行きました。

もう決めた。
こうなったら、足の痛みが治るまではもう走らない。
レースではぶっつけ本番のつもりでいきます。
10キロぐらいなら、なんとか走れるでしょう。

練習再開・・・

2006-06-02-Fri-22:18
今日から練習再開しました。
完全に治るまで休むつもりだったのですが、
落車事故からまる2週間、全くトレーニングをしていない。
しかも大島トライアスロンまであと1週間。

もう我慢できない。

このままぶっつけ本番でレースに臨んで玉砕するか、
それとも、見切り発車で練習するか、
二者択一。
僕は後者を選びました。

軽ーく30分のジョグでしたが、
・・・やっぱりイマイチ。
左足首は相変わらず腫れているし。
足が自分のものではないような感覚。
心拍数もいつもよりだいぶ高い。
でも、鼻骨の痛みはほとんどなくなりました。

あと1週間か・・・
ま、どうにかするさ。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。