Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちび空手家誕生

2006-05-31-Wed-22:01
空手の先生に注文をお願いしていたトラオの道着(空手着)が
昨日届きました。
トラオはここ2週間というもの、今日か明日かと到着を待ち望んでいたので、
やっと憧れのものが手渡されたときは、もう大喜びです。
昨日は早速まっさらの道着を着て練習。
ぎゅっと帯を締めて。もちろん白帯。

いいぞ、トラオ、かっこいい・・・というよりはカワイイ!

親ばかですいません。

一番ちいさいサイズなんだけど、それでもぶかぶか。
裾をまくらないと足が引っかかる。
でも、トラオは満足そうな顔で生き生きと稽古に励んでいました。
いつもよりも声も出ているような気がする。

トラオいわく

やっぱり、道着着てると気合が入るねえ。

ふん、生意気言いやがって。

家に帰ると、脱いだ道着を大事そうに自らたたんでいました。
いつか、その道着がビシっとキマル日が来るのをオヤジは待ってるぞ。
スポンサーサイト

第18回伊豆大島トライアスロン

2006-05-30-Tue-22:53
せっかくの地元開催なのだから、島民としてはここは宣伝しておかなければね。

さて今年も伊豆大島トライアスロンが6月10日に開催されます。
昨年のこのレースは僕にとって実質トライアスロンデビュー戦、
しかも初めてのオリンピックディスタンス。
思えば去年の今頃は不安で怖くて緊張していたなあ。

もちろん今年も出場する・・・つもりです。
けど、思った以上にケガの回復が遅れていまして。

アイアンマンJAPAN

2006-05-29-Mon-23:50
昨日は、日本のトライアスロン界の大イベント、アイアンマンJAPANがありました。
トライアスロンについてあまり知らない人は、
トライアスリート=アイアンマン
と呼んだり、
ロングディスタンスのレース=アイアンマンレース
というふうに勘違いされることが多いのですが、
正式にはアイアンマンといえば、アイアンマンシリーズと呼ばれる
世界各地で開催されるトライアスロンレースのことで、
アイアンマンとは登録商標された呼称なのです。

のんびりな休日

2006-05-27-Sat-15:40
DSCN0702.jpg練習を全くしない休日って久しぶりです。
朝寝坊したのも本当に久しぶりです。
もう、こうなったら開き直って今日はのんびりします。

というわけで、午前中は家族みんなで木苺を食べに行きました。
ま、近所なんですけど。

小さくてオレンジや黄色の実がいっぱいなっています。
つまんで食べてみる。
まあまあ甘い。
子どもたちも木苺大好き。
パクパク食べていました。
桑の実もなっていたけど、まだ早いようです。
あと1、2週間ってとこかな。

のんびりついでに温泉でもつかりに行こうかな。

目指せ、鉄人

2006-05-25-Thu-21:32
落者事故以来5日が経過して、ケガのほうもずいぶん良くなってきました。
顔の腫れはだいぶ引き、傷も薄くなり、目の周囲に紫のあざが残る程度。
とはいうものの、鼻骨はずきんずきんするし、頬骨も痛い。
モノを噛むとこめかみが痛むという状況ではあるけれども。
顔以外については、左足首の腫れ、太もも筋肉の痛み、
股付近の傷の出血がイマイチ止まらないぐらいです。
・・・って、まだまだ完治には至らないか。

それでも、ケガした当初は自分はどうなってしまうんだろう、
ってかなりヘコみましたが、なんとなく先が見えてきたぞ。
自分の予想以上に回復が早い。
来週には練習再開できそうです。
6月10日には地元大島でトライアスロンがあるので、
なんとか間に合わせたいと思っています・・・
という話を職場でしたら、
えーーー!そんな状態で出るの?!
って驚かれました。
上司には、さすが鉄人だ、と褒められ(?)ました。へへへ。

そういえば。
トライアスロンの世界で鉄人といえば、文字どおりアイアンマンのことで、
常識では考えられないような長い距離を
泳ぎ、自転車をこぎ、そして走りぬく人のことをいいます。
でも、ふと考えてみると鉄人という言葉にはもう一つの使われ方がありました。
それは野球の世界での鉄人です。
日本でいえば、古くは衣笠、最近では金本。
メジャーリーグでは鉄人の元祖といえばルー・ゲーリック。
彼らはケガをせず、またケガをしても驚異的な回復力でそれを克服し、
連続試合出場を果たした人たちです。

僕の目指すところはもちろんトライアスロンでいうアイアンマンですが、
野球界の鉄人たちのように、ケガにも強い本当の意味での鉄人になりたい。
なんてことを最近思うようになりました。

また、やってしまった

2006-05-23-Tue-00:18
また、やってしまった・・・
前回の傷もまだ治っていないのに。

先週土曜の午後。
雨も上がり、路面も乾いたので早速バイク練習に出かけた。
筆島まで行った帰り、三中前の急な下り坂のコーナー。
曲がりきれずにガードレールに激突してしまった。

ぶつかった瞬間からの記憶が断片的にしか残っていない。
気がつくと、車道に投げ出されたバイクを道路の端に移し、
そのそばで座り込んでいた。

空手始めました

2006-05-18-Thu-22:08
空手始めました。
親子で。
先月からトラオの付き添いで空手道場に通っているのですが、
なんと僕も一緒に始めることになってしまいました。
忙しい、時間がないなんてホザいているくせに、
一体なにをやっているんでしょうね、僕は。

実は空手やりたかったのです。
昔からずっと。
あしたのジョーと空手バカ一代が大好きだった僕は、
若い頃、ボクシングと空手のどちらかをやりたくて、
さんざん迷って結局ボクシングを取ったんだけど。

そんなある日、いつものようにトラオの付き添いで稽古を見学していると
先生が僕に言いました。

毎回ここに来てただ見ているくらいなら、お父さんもやってみたらどうですか?
は、はあ・・・
運動不足の解消にいいですよ。生活習慣病の予防にもなるし。
ええ、まあ・・・
お酒は飲まれるんですか?
まあ、ほんのなめる程度ですが(うそばっか)・・・
じゃあ、なおさら運動したほうがいいですよ!
はあ、そうですねえ・・・

というわけで、自称(?)運動不足のお父さんは、
空手の稽古に参加することになったのです。

レースで得られる満足感とは

2006-05-16-Tue-18:07
日本代表の23人がついに決まりましたね。
僕の佐渡トライアスロン参加申し込みもついに完了したし。
・・・関係ないか。

初めてのトライアスロン・ロングディスタンス挑戦、
僕は完走できれば大満足だと思っていたのですが。
トライアスリートブロガーのケイチョさんゴン太さん
それだけでは納得しないらしい。

完走だけで満足するな。あくまで攻めろ!

お二人の実に温かい激励というかプレッシャー(笑)、
とても感謝しています。

日本代表に選出された中田(英)選手の話。
サッカーをしていて充実感を得られるのはどういうときか、
というサッカー少年の質問に対し、こう答えたそうだ。

勝ち負けよりも大事なことは、自分ができることを試合前にイメージして、
それが具体的にうまくいったときに充実感を得られる、
流れに身を任せるだけで勝ったってちっとも嬉しくない、と。

なーるほど。
ケイチョさんやゴン太さんがおっしゃる満足感ってこういうことかな。
違うかな。
確かに、トライアスロンは完走すればいいってもんじゃないかも知れない。
攻めて攻めて。
自分のイメージどおりのレース、悔いの残らないレースを戦うことが
もっとも大切なことなのかも知れない。
うん、なるほど。
お二人さん、ありがとうございました。
なんだか、佐渡に向けてまた一つ楽しみが増したような気がします。

佐渡Aエントリー完了

2006-05-14-Sun-22:06
今日、ついに佐渡国際トライアスロン大会の参加申込書を投函してきました。
もちろん、カテゴリーは佐渡A!
もたついて今頃になってしまいましたが、
腹はとっくに決まっていました。

スイム3.9キロ、バイク190キロ、ラン42.2キロ。
正真正銘鉄人になるためのカウントダウンが始まりました。
あと、約3ヶ月半。
レース当日に後悔しないよう、精一杯トレーニング積んでいこうと思ってます。
目標は完走。
タイムも順位も関係ない、完走さえできれば大満足。

不安もあるけど、ワクワクの方が勝っている。
あー、武者震い。

痛っ!!!初落車

2006-05-13-Sat-22:05
今朝は気合で5時に起きて、バイク。
今週はイージー週なので今日は島1周の予定で家をスタート。

天気予報ではお昼前後から雨ということだったので、
まあ、降られずに戻ってこれるだろうと思っていたら、
ちょうど峠を越えるあたりから降りだしてきました。

ちっ!
天気予報はずれたな、やだな。


峠を越えて下りに入る頃にはザーザー降り。
パンツのお尻はびしょびしょ。
さすがに下りのコーナーはいつものようには飛ばさず、
十分減速して回っていました。

下り最後のコーナー。
大島公園前のヘアピン。
ヘアピンなのでかなりスピードを落としたつもりだったのですが・・・

一瞬なにが起こったのかわからなかった。
気がついたら顔の横に地面が。

痛ッー・・・

後輪がスリップしたんですねえ。
対向車線にまで飛び出して倒れてしまいました。
なんとか起き上がるとすぐさまバイクの点検。
やっぱりこんなときでも、自分の身体よりバイクのほうが
心配になるんですよ。

STIレバーにすこし傷がついた以外はほぼ無傷。
幸い、左側に倒れたのでギアやディレーナーも無事でした。
良かった。

でも、僕の方はといえば、
手の甲から肘にかけてと、腰から膝にかけて
身体の左側面ほぼ全面に擦過傷。
アームウォーマーとパンツも破れていました。

ま、この程度の傷で済んだのと、対向車線に車が走ってこなかったのが
不幸中の幸いでした。
路面が濡れているときは本当に気をつけなければいけないですね。
そういうわけで、今日は身体が痛くて一日中うなっていました。

最近トレーニングをまじめにやるようになって、
初めての経験をすることが何かと多いのですが、
ついに初めての落車まで経験してしまいました。
さて、次の初体験はなんだろう。

初めてのロングライド

2006-05-09-Tue-22:42
DSCN0682.jpg

今頃になってしまったけど、せっかくの初ロングライドだから。

長くなりそうなんですけど。

ゴールデンウィークに行った練馬・奥多摩間往復のロングライドは
総走行距離170kmに及びました。
楽しかった。
休憩をとりとりのんびり走ったので体力的なキツさはほとんどなく。
と言っても丸一日自転車に乗っていたわけで、
さすがに帰り道のラスト30キロぐらいになると、

あー、飽きてきた。早くおウチ帰りたい。

なんて考えながらひたすらペダルを漕いでました。

大島2周

2006-05-01-Mon-18:24
昨日はとうとうやってしまいましたあ!
・・・って騒ぐほどのことでもないかもしれないけど、
僕にしてみれば快挙。

というのも、バイクで大島を2周したのです。
バイクってもちろん自転車ですよ。

都道である大島一周道路は全長43kmなんですがアップダウンが多く、
というか平坦なところがほとんどない。
しかも途中に高低差330mのちょっとした峠があります。
でも、これがキツイんだ。
延々と続く上り。
ペダルを踏もうにも重たくて重たくて。
2周目の峠越えはさすがに泣きそうになりました。

てっぺんまで行けばあとはしばらく下りが続きます。
直線の坂道がいくつかあり、ものすごいスピードが出ます。
昨日は過去最高時速65.5km/hをマーク。
自分でもびっくり。
最近は下りの高速でのコーナリングの練習にも励んでいます。
できるだけブレーキをかけず、ぎりぎりまで我慢する。
もちろんしっかり腰は引いて。
今までは下りは上りのご褒美だと思って快適に楽しんでいたのですが、
最近は恐怖心と戦いながら下っています。

そんなこんなで、今朝から太ももが重たくて、階段がつらい。
大島2周といっても、たかだか86kmなんですけどね。
佐渡ロングのバイクコースは190kmですから、えーと・・・
ゲッ、大島一周道路を4周半走らなければいけないのか。
でも、僕はへこたれない。
9月までには一度はやってやるつもりです、4周半。
それができれば佐渡完走が見えてくる。

さて、あさってからは嬉しい嬉しい5連休。
バイク担いで東京に行きます。
そして、東京の友達と4人で、練馬~奥多摩周遊160kmの
ロングライドをやってきます。

楽しみだけど、不安。
なにしろ今までの最長走行距離は、昨日の86kmなので。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。