Born In The 60’s -オヤジの法則-

オヤジだって遠慮せずに今を楽しんでいい。 オヤジだって意地を張らずに弱音吐いていい。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行け!第2ステージ

2007-10-13-Sat-11:32
久しぶりに、我が千葉ロッテマリーンズの話題。

ソフトバンクとの第1ステージを制し、いよいよ次は札幌。
日本ハムとの決戦です。
なんとか、第1ステージの勢いをそのまま勝ち進んでもらいたいものですが、
日ハムは強いんだよなぁ。

今年のマリーンズはまあ強いけれど、
日本一になった2005年のときほどの圧倒的な強さは感じられないですね。
あのとき大活躍した今江や福浦は調子が出ないままだし、
守護神小林雅もイマイチ不安定だし。

でもでも。
今シーズン終盤からの勢いはあのときのマリーンズを思い出させてくれるものです。
なんといっても短期決戦ですから、波に乗れた方が勝利するのです。
なんてことを期待しながら見守り応援していきます。

一昨年に日本一になったときは甲子園での胴上げだったので、
今年はやっぱり千葉マリンでボビーが宙に舞うところを見たいですね。
できれば、その場に居合わせたい。

がんばれ、マリーンズ!
スポンサーサイト

なんだか悔しい

2005-10-27-Thu-22:09
テレビを観ていると、やはりマリーンズの日本一にケチをつける人が多い。
マリーンズにケチをつけるというよりかプロ野球の制度にケチをつけているのでしょうけど。
日本シリーズまでのブランクが長すぎて、阪神の本来の力が出せなかったというものです。
まあ、本当にそうなのかもしれない。
いくらなんでも差が開きすぎだ。
シーズン中のあの強い阪神のかけらも見られなかった。

でも、ロッテの強さは本物です。
仮にロッテと阪神が同じ条件で戦っても結果は同じだったと思います。
3試合で30点はないと思うけど。

根拠その1
今年の交流戦の結果を考えてもらえれば分かりますが、
交流戦優勝はロッテです。しかも2位は僅差でソフトバンク。
すでに、この2チームの強さが突出しているんです。

根拠その2
ロッテのバレンタイン監督はアメリカから統計アナリストを連れてきています。
そのアナリストは阪神の公式戦146試合を100時間かけて徹底的に分析しました。
この分析結果をもとにロッテ投手陣は金本や今岡を完全に封じ込めたのです。
阪神さん。確かにブランクはあったかもしれないけど、
その分、相手チームを分析する時間もたっぷりあったんじゃありませんか?

根拠その3
バレンタインはシーズン中と同様、日本シリーズでも打順をいろいろなパターンで組み替えました。
これは、予告先発という方式に最高にマッチします。
それとは逆に阪神岡田監督は、頑固というか融通が利かないというか、
打順をシーズン中から頑なに変えませんでした。
もともとロッテの場合、打順がくるくる変わるのはシーズン中から慣らされていましたから
何の違和感もなく、まったくいつもどおりの野球ができるのです。
まさに短期決戦向きの戦術なんですよ。

以上のような根拠をもとに、僕はロッテの日本一を確信していたわけです。

まあ、いずれにしても来年はセリーグ、パリーグとも条件を同じにしてもらいたいですね。
そして、来年こそ誰にも文句を言わせないようにスッキリと完璧に日本一になって欲しいと思います。

千葉ロッテマリーンズ日本一!

2005-10-26-Wed-22:56
とうとうやりましたね。
こんなに一方的なシリーズになるとは思ってもみませんでした。
なんとなく阪神ファンが気の毒。
僕としてもあっけなかったなというのが感想。
もちろん、すごく嬉しいです。

昨日は、あまりにもワンサイドな展開に僕も怒り心頭でいろいろ書きましたが、
シリーズが終わってみると、う~ん、やっぱり今の制度に問題あるのかなあ、
という気がし始めてきました。
去年、西武が日本一になったのと同じような展開だし。
少なくとも、日程についてはセリーグとパリーグで条件を同じにしなければ不公平ですよね。
プレーオフについても、もう1度練り直したほうがいいかもしれない。

そして、来年は誰にもケチを付けられることなく、スッキリとロッテに
日本一になってもらいたいです。

ま、いずれにしても

おめでとう、千葉ロッテマリーンズ!

・・・トーン低い?

どうした阪神

2005-10-25-Tue-23:17
最近、ロッテファンとして非常に腹が立っています。
というのもソフトバンクとのプレーオフからなのですが、
ソフトバンクも阪神もまたマスコミまでもが何かにつけては、
「試合までの間隔が開きすぎて、ゲーム感覚が取り戻せない。日程の組み方が悪い」
という言い訳をするのです。
どうもロッテが実力ではなく運や勢いだけで勝っているような言い方だ。
僕は声を大にして言いたい。

お前ら、それでもプロか!
優勝する気あんのかっ!


まがりなりにもあなたたちプロでしょう?
ここまできたらゲーム感覚うんぬんではなくて
勝ちたい、日本一になりたいって気持ちがどれだけ強いかということ
じゃないの?
そもそも、日本一を目指して一途にがんばってるロッテの選手たちに失礼ですよ。

僕はプレーオフでソフトバンクを破った時点でロッテの日本一は確信しました。
ソフトバンクほど強いチームはないと思っていましたから。
それにしても阪神はふがいなさ過ぎる。
ま、このまま明日で決まるってことはよもやないとは思いますが。

僕はロッテファンである前にプロ野球ファンです。
ロッテの優勝も大事ですが、それ以上に面白くてエキサイティングな
日本シリーズを望んでいるのです。
3試合連続で二ケタ得点なんてあり得ない・・・
ちょっとはプロらしく意地を見せろ阪神!

でも優勝はロッテにちょうだいね。

マリーンズ優勝!

2005-10-17-Mon-23:36


やったー!やったー!やったー!

花火ドカーン花火ドカーン花火ドカーン

涙、涙、涙

この喜びをどう表現していいかわからない。

泣いてしまった。
カミさんに見られてしまった。
笑われた。
そして、ティッシュを渡された。

よくやったな、ロッテ。
ホントにホントにホントによくやった。
もう、ダメかと思ったよ。

長い長い30年だった。
僕がロッテファンになったのは、前回優勝時の村田投手の剛速球と
金田監督を見たときからだから、ロッテファン歴30年。

この30年が本当に走馬灯のようにくるくると蘇ってくる。
悔しい思い出、ふがいない試合に怒り狂った日。
一番ショッキングな事件は18連敗の日本記録更新のときだった。

でも、そんな弱々しいロッテなのにどうしても見放せなかった。
勝利の日の美酒に酔いしれたくて。

今は頭がボーっとしている。
テレビに映る祝勝会でのビールかけが夢の世界の幻の出来事のようだ。
でも、これはリアルな世界なのだ。
信じられないけどリアルなのだ。

今夜は久しぶりに最高のビールを味わった。
今夜はまだまだ眠れそうにない。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。